2006年11月07日

曲の良さにシビれます!〜ゴースト ニューヨークの幻

 今回は、90年代初頭に大ヒットとなった映画「ゴースト ニューヨークの幻」のサントラを選んでみました。
 私がこの映画を見たのは、90's初頭の高校に入学した頃だったと思います。当時は「プリティ・ウーマン」も大ヒットしており、友人の間では「ゴースト見に行った?」とか「プリティ・ウーマンはもう見てる?」という会話がしょっちゅう交わされていました。
「ゴースト」と言えば、古くさいカビのニオイがするような、今は亡き地元の映画館に見に行ったことが、今となっては懐かしく思い出されます。
 さて、この「ゴースト ニューヨークの幻」ですが、主演は「ダーティ・ダンシング」でも見事な演技を見せてくれていたパトリック・スウェイジと、相変わらず美人ぶりが健在のデミ・ムーアです。
 ストーリーは簡単に言うと、恋人を殺された女性がインチキ霊媒師の力を借りて、ゴーストとなってしまった恋人と一瞬だけ再会する・・という感じなので、正直ベタでショボいかなexclamation&question今となっては思ってしまうのですがあせあせ(飛び散る汗)当時は夢中になって見ていましたねexclamation
 しかし最も私が素晴らしい!と思ったのは、インチキ霊媒師、ウーピー・ゴールドバーグの名演技ですexclamationそのうさんくさい霊媒師の雰囲気に笑わせてもらいながら、最後にはほろりとさせてくれるような演技が今も大変印象に残っています。彼女がこの映画でアカデミー助演女優賞を獲得したのも、ほんとに頷けますね。 「天使にラブ・ソングを」のコメディエンヌぶりといい、ほんとに名女優だと思いますexclamation
 ほかにも印象に残ったのはデミ・ムーアのショートカットと大きな瞳からこぼれる大粒の涙等々、実にたくさんあるのですが、最も強く印象に残っているのは、主演二人の愛が盛り上がるシーンで、ここぞexclamationとばかりに流れるライチャス・ブラザーズ「アンチェインド・メロディ」をはじめとする名曲の数々でするんるん
 彼らは60s〜70sにかけて活躍した白人男性ユニットですが、その伸びやかな声は黒人のソウルシンガーを彷彿とさせてくれます。
 しかし、ブラザーズと名前はついているものの、実は血がつながっていないのだとかexclamation
 この曲で彼らは再び注目され、なんと現在でも懐メロ市場で頑張り続けているとか。すごいパワーですね〜exclamation
 しかし、この映画に彼らの歌声はほんとによくマッチしておりました。いい映画にはいい音楽がやはりつきものなのだな〜と今更ながら実感してしまう管理人@ろ妃江なのでありますexclamation

 余談ですが、私の現在の髪型、この映画の頃のデミ・ムーアと同じです(笑)
 この映画以降、ショートカットが流行ったり、死んだ恋人が幽霊になって現れる・・といった類似作品が多々現れましたよね。
 実にこの映画の影響力は大きかったと思いますexclamation 

Ghost: Original Motion Picture SoundtrackGhost: Original Motion Picture Soundtrack
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Ghost: Original Motion Picture Soundtrack
[アーティスト] Original Soundtrack
[レーベル] Varese Sarabande
[種..
>>Seesaa ショッピングで買う


  

 今回は「アンチェインド・メロディ」のPVをアップします。
 ライブ映像と映画のシーンが合体した、お得感満載なexclamation&question映像だと思いますexclamation


ブログランキング


人気blogランキングへbanner2.gif 



posted by ろ妃江 at 10:22| Comment(11) | TrackBack(0) | Soundtrack>G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

80'sサントラシリーズ!C〜ゴーストバスターズ

 かなり久しぶりにexclamation&question今回は80'sの洋画のサントラを取り上げてみました。
 昨日人生で初めて踊った洋楽が「コパカバーナ」だと書いた私ですが、私が通っていた小学校の先生の中に、どうやら無類の洋楽好きがいたようです。
 そして私が人生で2番目に踊った洋楽が小4のとき、これまた運動会で踊ることとなった「ゴーストバスターズのテーマ」だったのでするんるん
 この映画は当時、ほんとに大流行でした!
 私は片田舎の小学生だったため、映画館がかなり遠く、実際にこの映画を見たのは何年もあとだったわけですが、当時は映画館も大入り満員で、この主題歌をあちこちで聞いたことを覚えてます。
 ちなみに小4のころ踊ったその「ゴーストバスターズ」はどんなものだったかというと、この曲自体が行進曲に近いようなリズムだったため、2列に並んで行進し、風車などを形成するいわゆる「プロムナード」だった事を覚えてます。
 けっして「お遊戯」という感じではありませんでしたよ〜exclamation
 さて、この主題歌を歌っているレイ・パーカーJrと言う人ですが、実は私この人の事をつい最近まで知りませんでした(^^;)ようやく最近になってゴーストバスターズのテーマとこのお方が結びついたこと、ここに白状いたします(^^;)
 ちょっと調べてみたらこの方、70'sからすでにギタリストとして活動しており、81年にはバンドで「ウーマン・ニーズ・ラブ」という全米No.1ヒットを送り出したようですね。
 そして84年に映画「ゴーストバスターズ」のヒットに伴って、この曲も大ヒットしたようですが、その後はこの曲がヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの曲に酷似しているとのことで、裁判沙汰になったとかexclamation
 まさかこの曲がパクリ疑惑を受けていたとは思いも寄らなかったです。
 実のところは、映画プロデューサーが最初ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの方に曲を使わせてくれと依頼したところ、断られてしまい、レイ・パーカーJrに似た曲を作らせたのだそうです。
 映画プロデューサーもかなり罪なヤツですね〜ダッシュ(走り出すさま)
 2001年にもこの1件でレイ・パーカーJr側が再び裁判を起こしたようですし、なかなかこのテーマは問題作exclamation&questionだったようです。
 曲そのものはあの重厚なベースの音がとても印象的なんですけどね〜映画も楽しかっただけに、こういうキナ臭い話が出てくるのはとても残念なところですねexclamation



今回は「ゴーストバスターズ」のPVを見つけたのでアップします!
PVあったこと実は私もしりませんでした(笑)


ブログランキング

 
posted by ろ妃江 at 17:11| Comment(7) | TrackBack(0) | Soundtrack>G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。