2007年07月16日

大変な連休ですね〜リサ・リサ&カルト・ジャム

 体調のこともあり、なかなか更新できない当ブログですが、連休のせいかここんとこアクセスが伸びております。ほんとにありがとうございます。
 さて、7月に入り、久々の連休!と思いきや、台風に地震・・と大変なことになっちゃってる日本列島。
 私が住むところは被害もほとんどなく大丈夫でしたが、災害に遭われた方々、ほんとうにお見舞い申し上げます。

 さて、今回は80'sに紅一点バンドとして現れ、一世を風靡した
リサ・リサ&カルト・ジャムを取り上げてみました。
 このボーカルのリサ・リサの声、活躍していた当時から結構お気に入りだったんですよね〜わーい(嬉しい顔)

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 17:08| Comment(2) | TrackBack(2) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

どれだけの方が覚えてる?〜リヴィング・イン・ア・ボックス

 そういえばここしばらくうちの辺りは雨が降ってません。
 このままいくと今年の夏は大変な水不足になりそうです。
 さて大丈夫なのか?

 ところで今回は、過去に私が一度だけTV出演したのを見た中で、名前だけは今でもしっかり覚えているという80'sのバンド、リヴィング・イン・ア・ボックスを取り上げてみました。
 結構ビジュアル的にはイケてたとおもうのですが・・日本ではいまいちブレイクしなかったため覚えている人がどれだけいるか?ビミョーです(笑)・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

これだけそろっている人も珍しいです。〜ローリン・ヒル

 気がつくともう5月も20日まで来てしまいました。
 早いものですね〜
 この間GWだとか言って騒いでた気がするのですが?
 そういえば最近お腹周りがややふくらんで来た気がします。
 この時期で目立ってくるのはちょっと早い?

 さて、今回は歌唱力抜群、しかもコロンビア大学に一時在籍、旦那はレゲエ界のカリスマ、ボブ・マーリーの息子、そして一児の母・・という、プロフィールを見ただけでため息がでてしまうほどのミュージシャン、ローリン・ヒルを取り上げてみました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif

・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

あのブームはいったい何だったのでしょう?〜ロス・デル・リオ

 昨日までは比較的体調が良く、旦那と1泊2日旅行ができるほどだったのですが、今日朝起きてからはまるでマグロ漁船に乗る猟師のような感じで、つわりが襲ってきております(^^;)
 早くおちついてもらいたいものですが。。こればかりはどうにもできないですね。

 さて、今回は1996年に突如「恋のマカレナ」で突如世界中に一台ムーブメントを巻き起こしたスペイン出身の陽気なおじさんデデュオ、ロス・デル・リオを取り上げてみました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 13:28| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

これぞバブル時代の徒花!?〜ランバダ

 通常でしたらこのブログは、アーティストごとに洋楽をピックアップするのですが、今回はあえて、曲にスポットを当てて紹介することにします。
 80's終わり頃から90'sにかけてこの「ランバダ」なる曲が突如ヒットしましたが、このブログをご覧になっている方のほとんどはよ〜くこの曲を耳にした方ばかりだと思いますexclamation

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 12:32| Comment(6) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

R&B界の巨星のひとりでした〜ルーサー・ヴァンドロス

 今回は、昨年惜しまれつつなくなった、アメリカのR&Bシンガー兼プロデューサー、そしてソングライターでもあったルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross、1951年4月20日 - 2005年7月1日)です。

FC2 Blog Rankinga_01.gif ・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

あのグリグリが耳について離れず・・〜リセット・メレンデス

 今回は、プエルトリコ系でニューヨーク出身の女性シンガー、リセット・メレンデスです。
 この人と言えば、デビュー作の「グッディ・グッディ」('94)がFMで大プッシュされ、いきなりの大ヒットを記録したことで知られています。
 このとき、私は大学に入学したばかりだったのですが、この曲が当時はFMのマンスリーのパワープレイソングになっており、やたらサビの「グリグリ、グリグリ」ばかりが強烈に印象に残っております。
 アメリカの方ではすでに91年にデビューしていたのですが、日本でのデビューは94年に2ndアルバム「True To Life」がリリースされた頃です。「グッディ・グッディ」はこのアルバムの収録曲だったわけですが、どちらかと言えば楽曲そのものよりも、サビの「goody goody」が「グリグリ」、「 peace a mind 」が「ピザまん」に聞こえる、空耳ソングとして有名になったのです。
 昨今で言えば、「マイアヒ」の「飲ま飲まイェイ!」と同じようなものなのでしょうがあせあせ(飛び散る汗)当時はこの曲日本で60万枚も売り上げたのだとかexclamation
 これ以外にも彼女はベスト盤を含めて4枚ものアルバムをリリースしているのですが、この「グッディ・グッディ」のほかには目立ったヒットがありません。。要するにこのお方も「一発屋」だったりするわけです。
 この空耳の歌詞のおかげで、歌そのものが正当に評価されていないような感じがしてしまうのですが、この曲を含め、ほかの曲を聴いてみると結構ラテンやR&B、ラップを取り入れた、なかなかクールな音づくりをやっていると私は思うのです。
 この方現在はラテンシンガーとしてまだ現役で頑張っているとか。
 日本ではこの方を見る機会は残念ながら今後なさそうですけど、過去のPVやCDを今一度見聞きして、懐かしがってみてはどうでしょうかexclamation&question
 
    

 今回は「グッディ・グッディ」のPVをアップします。
 音楽的には結構クールでいいと思うのですが・・どうでしょうexclamation&question


ブログランキング


人気blogランキングへbanner2.gif
posted by ろ妃江 at 11:00| Comment(3) | TrackBack(1) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

80'sの顔じゃないでしょうか?〜ライオネル・リッチー

 今回は80年代の顔とも言うべきアーティストのひとり、ライオネル・リッチーです。一時はあのマイケル・ジャクソンと並び称されるくらいに80'sに人気を誇った人です。
 私がこの人の名前を聞くと真っ先に思い出すのが彼の代表曲の一つ「セイ・ユー・セイ・ミー」です。この曲もほんとによく聴きましたね〜exclamationこの曲を聴くと私は山のような宿題を思い浮かべてしまうのです(^^;)当時通っていた高校は、山のように宿題を出してくるところで、私は深夜に洋楽番組を聴きながら必死に宿題をこなしてました。当時は洋楽番組華やかなりしころで、彼のこの曲はとにかく流れまくっていたのです。おかげで私の頭には、「セイ・ユー・セイ・ミー」→「山のような宿題」というあまりありがたくない思い出がすりこまれてしまったのですたらーっ(汗)
 でも彼の声も曲そのものも結構好みだったんですけどね〜カラオケ
 このライオネル・リッチーという人は、デビューは70年代だったようですが、全米No.1を記録したのは5曲あって、それはすべて80年代だったのです。
 その中にはダイアナ・ロスとのデュエットナンバー「エンドレス・ラブ」も含まれています。この曲は洋楽デュエットの定番ですね〜exclamation
 そして彼と言えば、あのチャリティプロジェクト、USA for Africaの有名なナンバーである「ウィ・アー・ザ・ワールド」で歌い出しをつとめたことでも有名です。
 このときにあまりにも堂々たる歌いっぷりだったので、私は当時この人はかなりのベテラン歌手だと勝手に勘違いしていたのですが(^^;)実は、当時の参加アーティストの中ではどちらかというと若手の部類だったんですね〜exclamationあまりにも落ち着きすぎですexclamation
 「セイ・ユー・セイ・ミー」はこの曲の後にリリースされて、5曲目の全米No.1を記録するのですが、残念なことに彼はこの後長い休業期間に入ってしまいます。その休業期間は約10年に及ぶものでした。いろいろ思うところがあったのでしょうが・・たらーっ(汗)その10年のうちに世の音楽シーンはがらりと変化しており、96年に彼はアルバムをリリースして復帰をはたしたものの、彼の新しい音楽はどうやらあまり受け入れられなかったようです。
 最近では音楽での話題より、娘のタレント活動や、離婚した元妻からの慰謝料請求など、ゴシップネタで話題になることが増えてしまいました(>_<)
 しかし、80'sを代表するかのような数々のポップスナンバーを残してくれた彼。ここらでいま一度音楽的な評価をしてみてもよろしいのではないでしょうかexclamation&question

Definitive Collection (Remastered)Definitive Collection (Remastered)
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Definitive Collection (Remastered)
[アーティスト] Lionel Richie
[レーベル] Motown
[種類] CD

■商品紹介■
70..
>>Seesaa ショッピングで買う


  

今回は、「セイ・ユー・セイ・ミー」のPVをアップしました。ソウルフルな声がバラードによく溶け合った名曲ですねわーい(嬉しい顔)



ブログランキング


 
posted by ろ妃江 at 19:29| Comment(9) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

しみじみ80'sですね〜ローラ・ブラニガン

 たまたま先ほどTVをみていたら「グロリア」の1フレーズが流れていました。というわけで、今回は安易ですがローラ・ブラニガンです。
 私は元、この人の名前を聞いてもぴんと来なかったのですが、グロリアを後で聴いて納得いたしましたexclamationこの人の曲は今でもよく耳にしますね〜カラオケ先ほどのTVしかり、ラジオの80's特集ではよく取り上げられるアメリカの女性シンガーです。
 この人は、5オクターブの声域の持ち主と言われており、しかも水球で鍛えられたという大柄のがっちりした体格の両方を生かしたパワフルな歌唱に特徴がありました。
 そして、先ほど書いた彼女のヒットナンバーの一つ「グロリア」は、あの映画「フラッシュダンス」でも流れています。でもなぜか「フラッシュダンス」のサントラには別の曲が収録されていますあせあせ(飛び散る汗)WHY?
 彼女の最大のヒット曲と言えば、「セルフ・コントロール」ですねわーい(嬉しい顔)この曲私はよくFMで聴きましたが、この曲が発売された'84年はこの曲がディスコでよくかかっていたとか。残念ながらこの曲のリリース当時はやっと2桁の年齢になっていたため、ディスコミュージックではなく、ごく普通の洋楽ヒットナンバーの一つという知識しかありませんでしたたらーっ(汗)
 今回改めて彼女の「ソリティア」などなど、ヒットナンバーの数々を聴いてみたのですが、なかなか今聴いても色あせない佳曲が多いですexclamation
 でも全盛期は約4年ほどしかなく、その後は表舞台から消え、96年には夫が病で他界したために活動休止を余儀なくされます。そして、21世紀に復活をとげたものの、その矢先の2002年に脳動脈瘤が見つかり、2004年に他界してしまったそうですあせあせ(飛び散る汗)
 わたしはこの人が他界したというニュースを聞いたのは昨年末頃だったのですが、聞いたときは信じられませんでしたね・・享年47才というのもあまりに若すぎます。あんなに体格がよく健康そのものって感じだったのですが、意外でした・・あせあせ(飛び散る汗)今更ですがご冥福をお祈りしたいと思います。
 今回は、追悼の意味もこめて、彼女の最大のヒット曲「セルフ・コントロール」のPVをアップしてみました。どうぞご覧下さい映画



  

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:08| Comment(3) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

お洒落系ソウル・ディーヴァのひとりです〜リサ・スタンスフィールド

今回は、80's終わり頃から90'sにかけて活躍したUKのソウルシンガー、リサ・スタンスフィールドです。
 この人がデビューした当時、クラブ系のダンスミュージックが流行中だったのですが、彼女も最初はダンス系の音楽ユニットで活動していました。しかし、世の流れは派手なダンスサウンドから徐々にソウル・R&Bが台頭するようになり、彼女もそれに応じてソウル系の音楽にシフトするようになりました。
 もともと、幼少の頃からシュープリームスなどのソウル系アーティストを好んで聴いていたということですから、当然の流れといえるのかもしれません。
 私がこの人を知ったのは当時呼んでいたFM雑誌に彼女のソロデビューアルバム「アフェクション」のレビューを見たことでした。当時はシャーデーなどお洒落な感じの美人女性R&Bシンガーがブームとなっていたため、この人もソロデビューしてすぐ、大きな注目を集めたようです。
このアルバムは全世界で500万枚のセールスを記録する大ヒットとなったとのこと。
 当時、高校生だったわたしはお洒落系な女性シンガーにあこがれ、この人の音楽もすぐ注目しました。それに、この人のCDは「ジャケ借り」したくなる不思議な感じがあったのです。デビューアルバムもさることながら、わたしは、「リアル・ラブ」のジャケットに強く引かれてしまいました!横顔が美しい人って私大好きなんですよね〜るんるん
 もちろん中の音楽もより洗練されたお洒落なボーカルが光っております。
 私がもっとも気に入っている彼女の曲は「オール・アラウンド・ザ・ワールド」です。彼女の曲の中では最もセールス的に成功を収め、日本でもよくこの曲がFMで流れていたのを思い出します。そして彼女はあの映画「ボディ・ガード」のサントラにも曲を提供しています。
 その後は数年の活動休止期間を経て、21世紀になり、再びオリジナルアルバムを発表しています。2004年に最新作を発表した後、現在でもライブを行ったりなどして活躍中だとか。
 あの美しさと声はどうやら今でも健在exclamationのようですわーい(嬉しい顔)

 明日実は久々に四国に行くため、今から荷物を送ったりしなくてはなりません。そろそろ送りに行かないと、夕方からはあの有名な行事「精霊流し」が始まって爆竹の嵐むかっ(怒り)どんっ(衝撃)になりますので、これより行くことにいたします。
 それではまた後ほど・・ダッシュ(走り出すさま)

    

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:47| Comment(4) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

キャッチコピーは「20世紀最後の天才」〜レニー・クラヴィッツ

 このレニー・クラヴィッツと言う人のことが話題になったのは、もう80年代も終わりに近づいてきた頃です。この人は母親が中南米出身のため、外見が黒人に近かったのですが、ソウル系で売り出したいプロデューサー側と、ロック系で行きたい本人との間で葛藤があり、なかなかデビューするのに苦労したようです。
 そして、ジャンルにこだわらない音楽を提供していた新興レーベルから、満を持してだしたデビューアルバム「Let Love Rule」で彼は、黒人=ソウルという壁をあっさり破ってしまいましたexclamation外見からはバリバリのソウル系かと思いきや、その音楽は、なかなか骨太なギターサウンドのロックだったのです。カラオケ
 わたしが最初に聴いた彼の曲は、「It'Aint Over Til It's Over」でした。小林克也さんの番組で流れていたのを耳にしたのですが、そのイントロのストリングスが非常に斬新で、Cool!と感じたのを覚えています。
 しかしこの曲はどちらかと言えばR&Bに近いナンバーだったので、後に「自由への疾走」を聞いたときは、あのロックサウンドとのギャップに驚きましたexclamation
 どちらの曲も当時としては、それまでのディスコ系、ロック系とは変わった路線だったので、驚異の大型新人が現れた!と当時は騒がれていました。
 そしてこの頃、彼が注目を集める元となったのが、マドンナの「ジャスティファイ・マイ・ラブ」やヴァネッサ・パラディ(今やジョニー・デップの奥様exclamation)の「Be My Baby」です。この2曲は両方とも彼の作曲による者で、雰囲気が全く違っており、彼の多彩な才能が遺憾なくはっきされているのですexclamationわたしもこの2曲が彼の作曲と聞いて、最初は同じ人が書いたとは信じられませんでしたるんるん
 現在でも彼は、音楽のみならずデザインなど多彩な方向で活動中です。つい最近も来日公演を果たしたようですし、これからも「疾走」をつづけていただきたいものですわーい(嬉しい顔)

  

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 13:24| Comment(1) | TrackBack(1) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。