2007年05月09日

特にサントラは必聴です!〜フットルース

 外はもうすっかり夏という感じですね。
 昨日私は外回りの仕事をしていましたが、ちょっと外に出ただけで汗が噴き出してきました。
 5月でこんな調子だとこの先一体どうなるのでしょうか?

 さて、今回は80'sを代表する青春映画の一つで、今でもその映画音楽があちこちで引っ張り出されることでも知られるフットルースを取り上げてみます。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 14:34| Comment(12) | TrackBack(1) | Soundtrack>F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

80'sサントラシリーズ!A〜フラッシュダンス

 80年代は映画からのヒットが多数生まれた時期でもあります。とくにダンス映画は70'sからのジョン・トラボルタの映画あたりからブームが80'sまで続いていました。しかし、80'sに最もはやった映画といえば、間違いなくこの「フラッシュダンス」でしょうexclamation一言でいえば、昼は溶接工、夜はダンサーとして働く女性の姿を描いた青春映画なのですが、この映画も昨日紹介した、「ダーティ・ダンシング」同様、劇中で流れる音楽がホントにすばらしいんですカラオケどちらかと言えばわたしは映画の内容よりも、随所に流れる名曲に注目しておりました。
 そして、この映画の主題歌「ワット・ア・フィーリング」は80'sオムニバスアルバムの定番となっており、この映画が公開された83年当時に世界中で大ヒットしました。
 アイリーン・キャラが歌ってヒットさせたこの主題歌は当時テレビ、ラジオでしょっちゅう流れていましたが、日本人には麻倉未稀のカバーの方がなじみがあるかも。この日本語カバーを聞くと、どうしてもあの「スチュワーデス物語」が思い出されてならない私なのですが、完全にすり込まれていますね。。
 ちょっと脱線いたしましたがバスもちろん本家の歌のほうが私は好きです。アカデミー主題歌賞とったのも頷けるくらい、歌と映画がみごとにマッチングしていました。
 そして、主演のジェニファー・ビールスが身につけていたレッグウォーマーが大ブームになったのも思い出されます。この映画に出ていた彼女はホントにキレイでかっこよかったですね〜ダンスぶりも見事な物でしたし。
 今この映画を見るといかにも80年代くさくて気恥ずかしいかもしれませんが・・私としては、映画の内容よりむしろ、あの音楽をまたサントラでじっくり聞き直して見ることをおすすめいたしますわーい(嬉しい顔)

 

2006.12.5追記
「フラッシュダンス」のPVアップしました!どうぞご覧ください。


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 17:42| Comment(1) | TrackBack(0) | Soundtrack>F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。