2007年07月24日

暑中お見舞い申し上げます。〜ネーナ

 つい最近梅雨明けした地より暑中お見舞い申し上げます。
 梅雨明けしたおかげで灼熱の太陽が照りつけていますが、今日テレビを付けてみると、なんと今年は猛暑の予想から一転して、冷夏になるかもしれないとのこと・・う〜ん、明らかに何かが狂ってますあせあせ(飛び散る汗)

 さて今回は、80年代に突如として大ヒットしたドイツ出身のバンド、ネーナを取り上げてみました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif

 ・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 10:36| Comment(3) | TrackBack(1) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

若い才能の集まり、という感じでしたね。〜ニュー・エディション

 今週桜が咲くと予想されている地域に住む私ですが、どうやら開花は大幅に遅れそうです。
 これだけ急激に寒くなったら当然でしょうね。
 それにしても今年の桜は開花日を予想するのが実に難しそうです。

 さて、今回は80's初頭に結成され、次々と才能あるアーティストがそこから巣立っていったことで有名なグループ、ニュー・エディションを取り上げてみました。
 来年結成25周年を迎える!というから結構長い歴史を刻んでいるのですね〜わーい(嬉しい顔)

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 16:22| Comment(3) | TrackBack(2) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

伝説のバンドシリーズ!そのB〜ニルヴァーナ

 え!レコード大賞って今日あるの!?と思わず新聞のテレビ欄を見て驚いてしまった私あせあせ(飛び散る汗)今年は1日早いらしいですね。
 これを見ると、さすがに年の瀬気分も盛り上がってくるのでしょうが・・今のところまだまだという感じですどんっ(衝撃)

 さて、今回はかなり久しぶりに伝説のバンドシリーズということで・・もう2度とオリジナルメンバーでの復活を望むことができませんが、強烈なインパクトを残してくれたアメリカのバンド、ニルヴァーナを取り上げました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 14:03| Comment(5) | TrackBack(0) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

アイドル系ユニットのはしり?〜ノーランズ

 今台風情報から目が離せない私です。
 こんなにおきまりの直撃コースをたどりそうな台風は久しぶり・・しかも今年最大級との噂。おまけにせっかくの連休に見事ヒットしそうな悪寒・・怜雨も大量に降ると予想されてます。進路に当たる方、くれぐれもお気をつけくださいexclamation

 さて、今回は80's初頭にブームを呼んだイギリスの姉妹ユニット ノーランズです。
 彼女たちは、姉妹ユニットとして活動していたのですが、本当は2男6女の8人兄弟だったとかexclamation今じゃめずらしい大家族だったのですね〜わーい(嬉しい顔)
 もともとは両親がアイルランドのダブリンで音楽活動しており、後にイギリスに移り住んだ後、70年代には兄弟を加えてノーラン一家として音楽活動していたそうです。そして、後に姉妹のみのユニット「ノーランシスターズ」となり、79年には5人姉妹で「ノーランズ」として活動していました。
 そして、ちょうど80'sに入った頃、彼女たちは日本に紹介されて「ダンシング・シスター」で日本デビューを果たすのです。
 ちなみに「ダンシング・シスター」は既にイギリスで3位となっており、日本でもすでに注目が集まっていたようです。
 日本での人気はすさまじく、「ダンシング・シスター」はオリコン1位、そしてアルバム「恋のハッピー・デート」はLP、カセットともに1位となって、オリコン洋楽チャートでは初の3冠を達成したとかカラオケ
 LP,カセットというところ、そして「恋のハッピー・デート」なんて今となっては顔から火が出るようなタイトルを聞くたび、これがもう26年も前のことなんだな〜とつくづく実感する管理人@ろ妃江です。
 その後は「セクシー・ミュージック」などのヒットも生まれ、このままブームは続くか?と思いきや、その人気は2年ほどしか続かず、やがて表舞台から消え、解散したものと思われていました。
 しかし、メンバーを変えながらも彼女たちはひっそりと活動を続けており、90's初めに巻き起こった逆カバーブームで彼女たちは再び脚光をあびることになりましたexclamation
 いわゆる洋楽アーティストが日本の歌手の曲をカバーするというこの企画で彼女たちは91年のレコード大賞の企画賞も受賞するほど、多くのカバーに挑戦したのです。その中でももっとも有名なのは山口百恵のカバーですね。
 しかし、これもしょせんは企画物にすぎず、やがてカバーブームはあっけなく過ぎ去ってしまったのです・・
 しかし、ノーランズは解散という形は取っておらず、現在にいたるまでメンバーを変えながら活動を続けているのだそうですexclamationホント頑張ってますよね〜exclamation×2
 そして今年2006年の初め頃、わたしはたまたまTVで、ノーランズのメンバーだったコリーンが、「ダンシング・シスター」を歌っているのを目にしたのですが・・う〜ん、どうみても「おかあちゃん」と呼びたくなってしまうような雰囲気でしたね(苦笑)
 しょうがないことだとは思いますけれど(^^;)
 でも彼女たちのヒット曲は今でも耳にしますし、これからもまた聴いていきたいな〜と思っているところなのですexclamation

 今回は、81年の東京音楽祭の映像をYouTubeで見つけたのでアップしました!「Sexy Music」でグランプリを獲得したときの物です。司会しているのは故土居まさる氏と今でも現役アナウンサーの三雲孝江さん・・
 その若さにまず、時代をかんじてしまった私です。
 貴重な映像ぜひご覧下さいexclamation

  



ブログランキング


posted by ろ妃江 at 12:22| Comment(4) | TrackBack(0) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

キレイな双子は好きですか?その2〜ネルソン

 今回もまたまた、双子のイケメンをピックアップしてみました。
 今回のネルソンは、ガナー・ネルソンとマシュー・ネルソンの双子兄弟で結成された、メタル・バンドです。
 彼ら二人は、その整った顔立ちもさることながら、デビュー当時はカントリー・ミュージック界の大御所、リッキー・ネルソンの息子たちと言うことで話題になっていました。ちなみに祖父もオジー・ネルソンという有名なミュージシャンなので、3代続けてミュージシャンひらめきということになります。
 その音楽の才能と、イケメンぶりをみると、すばらしいDNAを見事に受け継いだ子ち、といった感じですわーい(嬉しい顔)
 彼らのデビューアルバム「アフター・ザーレイン」('91年)はかつて彼の父親、祖父が獲得した全米No.1も見事に獲得し、300万枚を売り上げたほどですCDその人気は当時ものすごいものがあったのです。
 しかも彼ら、さすがにカントリーミュージック界の大御所の息子さんたちだけあって、その実力は折り紙付きなのです。顔もキレイで歌唱力もあって・・なんてうらやましいというか、卑怯ですねあせあせ(飛び散る汗)
 そんな彼らを、イケメン好きの日本人が見逃すはずがございませんexclamationデビューしてまもなく、彼らは大手酒造メーカーのCMに起用され、彼らのご尊顔をTVやポスターで見る機会ができたのです。ちなみにこのCM曲「Too Many Dreams」はなかなかの名曲ですexclamation
 彼らの音楽は、メタルとはいうものの、非常にキャッチーで聴きやすい曲が多いのも特徴です。ボン・ジョヴィのようなハードロックが好きな方にはなかなかいいかもしれません。
 日本では彼らのことをあまり聞かなくなりましたが、本国アメリカでは現在でも活動中だとのこと。現在でもイケメンぶりは健在なようです。日本でも彼らの姿をまた見てみたい気がしますねー(長音記号2)

   

2006.12.2 追記
「Only Time Will Tell」PVアップしました!どうぞご覧下さい。


ブログランキング

 
 
posted by ろ妃江 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(2) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

恐るべき七光りシンガー〜ナタリー・コール

 ヘヴィメタバンドの次はジャズシンガー・・私の音楽の趣向は自分でもよくわからないくらいバラバラですあせあせ(飛び散る汗)ジャンルに関係なくこれは良い!と思ったものをそのときの気分で無作為に選んでますので、なにが飛び出すかはお楽しみexclamation&question
 さて、そういったわけで今回は、親の七光りを得ながらも、それだけでは終わらずしっかり自分の実力を見せてくれたジャズシンガーのひとり、ナタリー・コールを取り上げますカラオケ
 この人のデビューは75年、その当時はジャズではなく、ソウルポップス路線だったのですが、そのアルバムがいきなりグラミー賞最優秀新人賞を獲得してしまったのですCD父親はジャズ界の大物で、65年に癌で他界したナット・キング・コールで、七光りも相まって輝かしいデビューとなったわけですかわいい
 しかし、それから80年代前半頃までは、彼女にとって不遇の時代だったようです。彼女のプロデューサーでもあった夫を病気で亡くしてから、声が出なくなりという事態に陥り、療養にかなり時間がかかったとか。
 そして療養生活から復活した87年、あのホイットニー・ヒューストンも手がけた名プロデューサーとタッグを組んだ「永遠の夢」という曲がヒットしてから、彼女はR&B、ジャズ路線へとシフトしていくのです。
 そして、91年、まさしく夢の共演ともいえるアルバム「Unforgettable」が大成功を収めたのですexclamation×2
 実はわたしが彼女の歌を知ったのもこの頃です。あの親子が夢の共演!とかなりFMで宣伝されていて、興味を持ったのです。
 このアルバムは、ジャズ界の大御所である父の曲を娘である彼女がカバーしたものです。タイトル曲「Unforgettable」では、もともと父親が歌った音源に、彼女の声をうまく重ねた秀逸なデュエットナンバーになっているのです。文明の利器ってすごいですねexclamationもう親子で一緒に歌うことは現実的にはできないわけですから、まさしく「夢の共演」だったというわけですexclamation
 この曲で彼女は世界でも有数のジャズ・シンガーと呼ばれるに至りました。そして、つい最近では2004年に来日公演を行っていますexclamation
 一度はライブハウスでワインかたむけながら、彼女の生の歌声聴いてみたい!と思っている私ですが・・近日中にまた実現してくれないものでしょうかexclamation&question

 

2006.12.2 追記
「Unforgettable」PVアップします。まさしく夢の競演ですね!


ブログランキング

 
 
posted by ろ妃江 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(2) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

80's洋楽アイドルシリーズ!〜ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック

 今回から男性アイドルをしばらくピックアップしてみます♪
 いや〜この名前を聞くだけで懐かしさこみあげまくりのろ妃江@管理人です!
 なぜかというと、彼らは当時大人気だったアイドルグループ「光GENJI」のおかげで、「アメリカ版光GENJI」という、洋楽ファンにとってはあまりありがたくない(exclamation&question)キャッチフレーズをつけられてたことが、強烈に印象に残っているからです。たしかにアイドルグループではありましたが、彼らを走りに、その後バックストリート・ボーイズ、インシンクなどのボーイズグループが次々出てきたことを考えると、ひじょうに影響力があったグループといえるでしょう。
 メンバーは5人で、今で言うイケメンをそろえ、86年、アルバム「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」でデビューしました。これが世界中で大ヒットを記録し、「ステップ・バイ・ステップ」「カヴァー・ガール」など次々とヒット曲を送り出しました。彼らは当時確か10代半ば頃だったため、いかにもジャニーズJrのお兄ちゃんたち、といったあどけなさが残る感じでした。
 彼らの曲はいかにもアイドルらしいポップ路線で、日本でもその人気はすさまじかったことを記憶しています。それと、1990年に全米進出をもくろんでいた松田聖子のアルバムに、メンバーの一人であるドニーがデュエットで参加したことで、当時の日本のワイドショーではかなり騒がれておりました。
 しかし、彼らの人気は1990年代に入るとあっとおどろく急降下っぷりバッド(下向き矢印)を呈していました。グループ名を「NKOTB」にしてアダルトなR&B路線への転向をはかったものの、見事に失敗して、1994年に解散することとなったのです・・。
 かれらの失敗は、後にバックストリートボーイズのプロモートに生かされたとか何とか・・いつの時代もアイドルからの脱皮というのは難しいものです。
 彼らのベストアルバムとDVDが、現在安く発売されているので、懐かしいexclamationと思った方、もう一度聞き直してみてはどうでしょう? 
 
 

2006.12.2追記
「Step by Step」のPVアップしました。メンバーがたいへん初々しいです!


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(1) | Music>N | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。