2007年07月26日

あの人もカバーしてます!?〜ジョニー・ヘイツ・ジャズ

 来週1年ぶりに実家に帰るので、ちょっとずつ準備をしているところです。それにしてもあまりにも暑いので、準備する手がついつい止まってしまいますね。
 1年半ほど前まで、実家から30分ほどの職場に勤務する生活をしていた私ですが、それだけ留守にしている間に、後輩同士がいつのまにやらできちゃっていたり、お世話になった上司は東京へ転勤が決まったり・・といろいろあったらしいのです。
 1年という月日は短いようで長いのかもしれないですね〜
 もはやすっかり浦島太郎状態です。

 さて、今回は私が最も洋楽を聴きあさっていた80年代後半に突如として全米、全英チャートにヒットナンバーを送り込んだバンド、ジョニー・ヘイツ・ジャズを取り上げてみます。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

超有名なジュニアシリーズ!その@〜ジュリアン・レノン

 朝晩は胃腸の調子が悪く、日中は猛烈に眠い・・というのがここんとこの私の体調です。
 眠いのはいつものことですが(笑)今回はハンバないくらい眠いです。こういう生活が早く過ぎて欲しいものです。

 さて今回は、あの人の息子としてあまりにも有名な2世アーティスト、ジュリアン・レノンを取り上げてみました。
 この人も考えてみれば80'sデビューでしたよね。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 09:30| Comment(5) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

日本のアーティストもかなり影響されました〜ジャクソン・ブラウン

 ここんとこ、自分が休みの日に限ってすっきりしない天気なので、まったく家事をする気がおきません。
 こう書くと、なんだか家事をしたくない口実のように聞こえてしまうかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)

 さて、今回は70'sにデビューしてシンガーソングライターとして活躍し、日本の男性ミュージシャンにも相当な影響を与えたアメリカのミュージシャン、ジャクソン・ブラウンを選んでみました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif

 ・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 17:03| Comment(3) | TrackBack(2) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ラヴァーズ・ロックなんて言葉が流行りましたね〜ジャネット・ケイ

 昨日は夜12時過ぎまで送別会に出席してきました。
 カキ、ホタテなどの魚介類に舌鼓をうっていたのですが・・翌日仕事の人が大多数だったため、完全ノンアルコールの宴会となったのです。こんなの久しぶりかもexclamation&question

 今回登場するのは、ミニー・リパートンのあの名曲「ラヴィン・ユー」のカバーが話題となった、ロンドン生まれのレゲエシンガー、ジャネット・ケイです。

・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 13:57| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

今も活動中の、80'sR&B女性シンガーといえば〜ジョディ・ワトリー

 昨日旦那さんの同僚と実は飲み会やってました。
 飲み会なんて結構久々なんですが・・私は運転手だったため、一滴も飲めず(^^;)
 今度こそは飲んでやるexclamation&question

 さて今回は、80's後半に活躍していた女性R&Bシンガー、ジョディ・ワトリーを取り上げてみました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 19:36| Comment(7) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

北欧系アーティストといえば・・I〜ジェニファー・ブラウン

 雪国へ行く用意をしている最中の私ですが、準備が遅々として進んでおりません(^^;)寄り道ばかりしているような気が・・。頑張りますあせあせ(飛び散る汗)

 さて今回は、90'sにFMの大プッシュで、「ヘブン・カム・ダウン」という曲が大ヒットし、一躍脚光を浴びたスウェーデンのシンガー、ジェニファー・ブラウンを取り上げてみました。
 彼女のことを覚えている方、いったいどれくらいいらっしゃるのでしょうかexclamation&question

FC2 Blog Rankinga_01.gif
・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 16:22| Comment(6) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

本日はやはりこの人を取り上げぬ訳にはいかない?〜ジェームス・ブラウン

 いやもう、朝から見てほんとびっくりしました。
 あのソウル界のゴッドファーザー、JBことジェームス・ブラウンがクリスマスの日に亡くなっていたそうではないですか!(ニュース記事はこちら
 この人が後生のシンガーに与えた影響は実にはかりしれないものがあると思います。全盛期の頃をよく知らない私でも、後にさまざま話題を提供してくれたことで、気になる存在ではあったのですが・・。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
 ・・続きを読む
posted by ろ妃江 at 14:30| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

只今ベストにはまっております〜ジャミロクワイA

 今回は以前書いたジャミロクワイを再び取り上げてみました。
 というのも、実は先日発売されたベストアルバムに超ハマってしまいまして・・あせあせ(飛び散る汗)こうして書いている間にも、このアルバムの曲がエンドレスで私の部屋には流れておりまするんるん
 彼のプロフィールなどは、前回の記事を参照していただけると幸いですが、最初の頃は環境問題や先住民族についてのテーマをファンクのリズムに乗せて歌っている曲が多かったのです。私はその頃のアルバムも結構気に入ってますが、なんといっても3rdの「Travelling Without Moving」からのファンクのリズムが効いた曲に強く惹かれてしまうのですexclamation
 彼の個性的なキャラクターがこのアルバムではより前面に押し出されているのではないかと個人的には思いますね。
 ベストアルバムが出るのを今か今かと待っていた私ですが、やっとこのたび発売されましたexclamation
 私が今現在ヘビロテ状態で聴きまくっているのは「Too Young To Die」「Virtual Insanity」「Canned Heat」「Corner Of The Earth」辺りですね。こういう曲って黒っぽい雰囲気がものすごく漂っているものですが、彼の場合はあまりそういった雰囲気を感じさせず、独特のキャッチーな仕上がりになっているところがイイのですexclamation
 余談ですが、このお方は社会問題にも熱心な一方で、スーパーカー・マニアだとか、来日公演時には多数の女性を侍らせていたとかexclamation&questionまことしやかな噂が絶えない方でもあります。
 そういう意外と人間くさいところもギャップがあって面白いとは思いますが・・。
 来日公演がもしあったらぜひ行きたいのですが・・田舎から果たして出てこられるのかexclamation&questionやっぱり難しいかな〜あせあせ(飛び散る汗)
 ぜひともあの帽子に一度触ってみたいんですが(笑) 

HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)
[アーティスト] ジャミロクワイ
[レーベル] ソニーミュージ..
>>Seesaa ショッピングで買う




 今回は、私が一番ノリまくってしまうexclamation&question「Canned Heat」のPVをアップします。部屋中をところ狭しと踊り回るというのが話題になりましたねexclamation&question



クリックすると試聴できます↓


ブログランキング


人気blogランキングへbanner2.gif
posted by ろ妃江 at 11:40| Comment(4) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

大家族の中の大家族ユニットと言えば!?〜ジェッツ

 今回は、80's後半に現れた兄弟ユニット、ジェッツを取り上げてみました。
 80's後半と言えば、ティファニーデビー・ギブソン、そして、ニュー・エディションNKOTBといったティーンのミュージシャンが現れた頃ですが、彼らも同じ頃に現れたティーンズグループの一つです。
 アメリカでは86年のデビュー早々「クラッシュ・オン・ユー」「プライベイト・ナンバー」「ユー・ゴット・イット・オール」と立て続けにヒットを放って話題になったのですが、日本ではなぜかあまり騒がれていなかったのです。あせあせ(飛び散る汗) アメリカでも3枚目のアルバムがセールスダウンし、89年には解散してしまうのですが、彼らの曲はなにげにいい曲が多いと今改めて聴いて思うのです。
 そういう私も、彼らが活動していた当時は、まだ彼らの名前と顔と曲が全く一致していませんでしたたらーっ(汗)
 それが一致したのは21世紀になってからのことなのです。
 2001年のある日、私は某CDショップでDVDを見ていたのですが、その時に古内東子のアルバム「CRAZY FOR YOU」を耳にしたのです。このアルバムは古内東子本人が80'sのアーティストをカバーするという企画アルバムだったのですが、その中の「ユー・ゴット・イット・オール」というナンバーが気になり、ネット検索して、やっとこの曲がジェッツの歌であることを知りました。
 ここでようやく顔と名前と曲が一致することとなったのです。
 ネットがなかったら私は今でも彼らの名前と顔と曲が一致していなかったのではないかと思います。文明の利器さまさまですわーい(嬉しい顔)
 このナンバーはバラードナンバーなのですが、ほかの彼らの曲はソウルフルなものが多く、PVを見るといかにも80'sといった感じのスタイルをしているところが興味深いです。(カーリーヘアって流行りましたよね〜exclamation
 さて、ネットのおかげでもう一つ知ったのが、実は彼らは驚異の大家族ユニットであると言うことです。
 彼らが兄弟8人のユニットだということだけでも驚いてしまうのですが、実は総勢21人の大家族だったということexclamationよくTVでやっている大家族スペシャルにも出られるのではないでしょうか?(笑)
 その後の活動ですが、彼らは97年に突如再結成し、アルバム「ラヴ・ウィル・リード・ザ・ウェイ」をリリースして話題となりました。
 兄弟ユニットと言えば、音楽史的に言えばジャクソン一家があまりにも有名ですけど、彼らもいたということをどこか心の隅にでもとどめておいていただければ幸いですexclamation 

  

 今回は、「You Got It All」のPVをアップします。
 メンバー総出演のPVをどうぞご覧下さいませわーい(嬉しい顔)


ブログランキング


人気blogランキングへbanner2.gif

posted by ろ妃江 at 12:50| Comment(6) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

天才少年シリーズ!その@〜ジョニー・ギル

 天才少女シリーズというのをこれまで2度やって来ましたが、そういえば天才少年シリーズというのはやっていなかったな〜とふと思った私。
 天才少年ってマイケル・ジャクソン以外そういやあまり聞かない・・と思っていたのですが、今年来日公演があるという方の名前を聞いて、「そういやいたじゃん!」と思いだしたのが、このジョニー・ギルです。
 彼は5才の時からゴスペル・グループで歌い始め、そのずばぬけた才能を認められ、弱冠16才でデビューを果たすのです。しかし、その才能が認知されるのにはやや時間がかかり、やっと注目されたのは、当時大変人気のあったグループ、ニュー・エディションにボビー・ブラウンの後釜として入った80's後半ごろからなのです。
 そして、90年、24才の時に、彼の究極のラブソングとも言えるナンバー「My,My,My」がスマッシュヒットを放つのですexclamationこの曲は「君が素敵すぎて、自分の目を疑ってしまう」などという、普通の人が言ったら歯が浮きまくるようなフレーズが(笑)これでもかというくらいに登場してきます。
 この曲を収録したアルバム、 「ジョニー・ギル」はあのジャム&ルイスやベビーフェイスなど、大物プロデューサーの強力なサポートの下に完成し、こちらの方も大ヒットを記録しました。
 顔に似合わないシブ声アーティストに目がない私がすぐ様このアルバムに飛びついたのは言うまでもございません(笑)
 ちなみにこのアルバムでおすすめなのはやはり「My My My」と、「Giving My All To You」ですね。何故かと言いますと、あのサックスミュージシャン、ケニーGがこれらの曲で素晴らしいサックスソロを披露してくれているからですexclamation
 その後も彼はソロ活動と並行して、再結成されたニュー・エディションやLSGなどのグループに参加して、あの熟成した歌唱力をおしげもなく披露していたのですが・・90'sが終わりに近づくにつれて、だんだん日本では彼の名前を聞かなくなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
 彼のような早熟の天才ですら、人気を維持していくのはとても難しいようです。
 いったい今は何を?と思っていたところ、なんと12月にクリスマスナイトとしてソロ公演をブルーノートで行うとの情報がexclamation
詳細はこちらをクリック!→Johnny Gill〜Sweet Chiristmas Nights〜
 最近はソロ活動はお休みしていたようですが、どうやらついにソロ活動を再始動させるみたいです。あのシブイ声もそろそろ実年齢に追いついたでしょうかexclamation&question楽しみですわーい(嬉しい顔)

Johnny GillJohnny Gill
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Johnny Gill
[アーティスト] Johnny Gill
[レーベル] Motown
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う


 

 今回は「My,My,My」のPVをアップします。
 明らかにお顔は若いのに、このシブくてソウルフルな声!やはり早熟の天才だったのでしょうね!



ブログランキング


人気blogランキングへbanner2.gif

posted by ろ妃江 at 10:17| Comment(5) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

実はうちの父がファンでした〜フリオ・イグレシアス

 先日、現代の「世界の恋人」とも言えるラテン系アーティスト、リッキー・マーティンを取り上げましたけど、今回は“元祖”世界の恋人ともいえるスペインのアーティスト、フリオ・イグレシアスを取り上げてみました。
 この人に関する記憶をさかのぼると、私が小1〜小2の頃に行き着きます。
 その頃私の父親がスペインへ1年ほど出張していたのですが、そのときにスペインから送ってきたカセットテープの中にこの人の曲が収録されていたのです。父の手紙によると、「こちらでは大変人気の高い人」だということ。当時はスペインでのこの人の人気はすさまじいものがあり、特に女性からの人気は絶大だったとか。
 その後程なくして、彼の曲は日本でも紹介され、広く知られるようになったわけですが、日本に紹介されたときは、まるでつい最近のヨン様人気と同じような感じで、いわゆるオバ様方にその人気が浸透していったみたいです。ハートたち(複数ハート)
 しかし、うちの父はこの人のプレイボーイ的側面よりも、この人の曲そのものが好きだったようで、歌詞はわからないもののその叙情的な旋律や激甘の声exclamation&questionに惹かれていたとか。
 そのあとのブレイクぶりを考えると、うちの親の目の付け所はなかなか鋭かったのでは?と思います。
 ヨーロッパや日本だけでなくこの方の人気は、ラテン系をなかなか受け入れてくれないアメリカでも浸透していったというところがすごいところですね。
 しかしこの方のすごいところと言えば・・こんなものではおさまりませんexclamation
 この方は歌手になるまでは、なんとあのサッカーチーム、レアルマドリードでゴールキーパーとして選手登録されていたそうですexclamationしかも元々は弁護士を目指して大学で法学を勉強していたというのですから、頭脳明晰であることはいうまでもないのです。exclamation
 ルックス、歌唱力、頭脳、運動神経がそろったアーティストなんてほかに思い当たりませんね〜とくに現代では「普通の人」ばかりが芸能界で活躍していることを考えると、この方みたいにこれだけそろった人は貴重な存在なのではないかexclamation&questionと思います。
 しかも、彼の息子(噂では世界に数十人も息子がいるexclamation&questionといわれております。まあモテまくるのも無理ないですが)である、エンリケ・イグレシアスや、フリオ・イグレシアス・ジュニアなども歌手として成功を収めています。 ほんとに凡人からするとうらやましいほどの経歴の持ち主ですが・・男性にはやっかみの対象になるのかもexclamation&question
 ちなみにテープに収録されていた曲でわたしがよく覚えていたのは「黒い瞳のナタリー」です。この人を代表する名曲ですね。
 そのほかにも「ビギン・ザ・ビギン」などなど、名曲を数多くうたっており、ベスト盤も多数発売されています。
 こんどベスト盤、うちの父に買ってあげようかなexclamation&question
 
マイ・ライフ~グレイテスト・ヒッツマイ・ライフ~グレイテスト・ヒッツ
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] マイ・ライフ~グレイテスト・ヒッツ
[アーティスト] フリオ・イグレシアスウィリー・ネルソンダイアナ・ロススティー..
>>Seesaa ショッピングで買う


  

 今回はカントリー歌手、ウィリー・ネルソンと共演した「To All The Girls I've Loved」のライブビデオをアップします。ただただ・・シブイですexclamation×2


ブログランキング


人気blogランキングへbanner2.gif
posted by ろ妃江 at 09:52| Comment(7) | TrackBack(3) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

一発屋というにはちと惜しいかも〜ジグソー

 今回はジグソーというイギリスのロックバンドを取り上げてみました。
 彼らは75年に、「スカイ・ハイ」という曲をリリースしましたが、これが世界的に大ヒットしたのです。苦節9年の末につかんだ大ヒットだったとかexclamation
 もともとはこの曲、「ザ・マン・フロム・ホンコン」という香港映画に提供した曲なわけですが、それが日本ではプロレスラー、ミル・マスカラスの入場テーマに使われたことから大ブレイクしたのでするんるん
 あの勇ましい感じのリズムサウンドや、プロレスの入場テーマに使われたと言うことから、さぞアグレッシブな歌かと思いきや、その歌詞の内容は、「枯れ葉が舞い落ちて・・わたしの愛も散ってしまった」というもろ失恋ソングなんですあせあせ(飛び散る汗)詞と曲にかなりのギャップがありますね〜
 これを知ったときはさすがに私もイスから滑り落ちそうになってしまいましたexclamation
 この曲にはわたしから「ギャップ大賞」を贈ってあげたいくらいですよ(笑)
 しかし彼らの曲の中で目立ったヒットと言えばこの曲くらいしか思いつかないのですが・・ほかにも彼らの曲はロックバンドでありながらキャッチーでなじみやすいものが多く、ただの一発屋のカテゴリに入れてしまうには、たいへんもったいない気がします。
 残念ながら彼らは、81年にはあえなく解散してしまうのですが、メンバーは今でも他アーティストへの曲提供を行い、未だ現役だとのことexclamation
 楽曲の良さに関しては、定評がある彼らは、今再評価の動きが高まっているようです。少し前には日産ノアのCMに使われたこともありますし、今一度アルバムを聴いてみてはいかがでしょう?
 まずはアルバム「スカイ・ハイ」あたりから聴いてみられるのがいいかもexclamation&question

  

今回は「スカイハイ」のPVをアップします。
この曲を聴いて何を思い出すかはごらんになる方次第!?


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 10:59| Comment(10) | TrackBack(4) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

90'sアイドルのひとりです。〜ジェレミー・ジョーダン

モバQ 気がつけばもう9月ですか・・ほんと早いものです。
 今年の夏は超あわただしかったため、余計に早く感じました。
 自分にとっては人生の転機だったともいえる2006年もこの調子でいけばあっというまにおわってしまうのでしょうかねるんるん

 今回は、自分にとってもう一つの人生の転機だったともいえる1993年に、鳴り物いりでデビューし、FMでもやたら耳にしたアメリカのアイドル、ジェレミー・ジョーダンです。
 私がこの人の曲を初めて聞いたのは、93年だったのですが、当時は浪人中で実家を離れて予備校の寮で生活していました。TVは無かったため、情報源と言えば新聞のみ(^^;)それでは時代から取り残されてしまう!というわけで、ラジオの持ち込みだけが認められており、私はもっぱらラジオで世間の情報を得ておりました。
 そのころ、もっぱらFMを聴いていたのですが、その頃ヘビーローテーション状態だった洋楽が、このジェレミー・ジョーダンの「ワナ・ガール」という曲だったのですカラオケ
 この曲は当時FM曲で大プッシュしていたため、当時FMを音楽情報のよりどころとしていた私の頭にダイレクトにすり込まれてしまいました(^^;)
 このジェレミー・ジョーダンという人、見てのとおりデビュー当時はいかにもアイドルといった感じの風貌ですが、実は相当な苦労人なのですあせあせ(飛び散る汗)
 両親が離婚したために9才から17才までを孤児院で生活したという経験の持ち主だとか。17才で孤児院を抜け出し、その後、とある音楽関係者に認められて、あのTVドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」の挿入歌「ライト・カインド・オブ・ラブ」で92年にデビューを果たすのですわーい(嬉しい顔)
 ホント、人はみかけによりませんねダッシュ(走り出すさま)
 デビューアルバム「トライ・マイ・ラブ」にはこの「ライト・カインド・オブ・ラブ」のほかに私がこれでもかと言うほど耳にした「ワナ・ガール」も収録されています。そして当時、上半身裸のジャケットもかなり話題になっておりましたたらーっ(汗)おそらく女性人気を獲得しようという戦略だったのでしょうが、当の本人はそういったアイドル的な扱いを嫌い、結局歌手としての活動はこのアルバム1枚で終了してしまったのですたらーっ(汗)
 その後は、俳優の道にすすみ、ドリュー・バリモア主演の映画「25年目のキス」では当時20代後半でありながら、高校生役で出演しています。
 まあアメリカでは、20代で高校生の役などというのは日常茶飯事のようですけどあせあせ(飛び散る汗)
 その後は端役扱いですが映画やTVで地道に俳優活動をつづけているとか。
 この曲を聴くと、浪人時代に住んでいた、会社の独身寮を改造した学生寮での経験がどうしても、頭からはなれませんね〜ほかにもそういう曲はいくつかあるので、今後また紹介していきますexclamation

 今回は残念ながらジャケットの写真が載せられないため、代わりにyoutubeで見つけた「ライト・カインド・オブ・ラブ」のPVをアップさせていただきますexclamation



 

ブログランキング





  
 
posted by ろ妃江 at 12:38| Comment(1) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ふしぎなぼうし〜ジャミロクワイ

 私はファッションにはかなり疎く、関心もうすいのですがたらーっ(汗)唯一、帽子にだけは興味を引かれてしまいます。今回取り上げたジャミロクワイは、別名「帽子男」などといわれるジェイ・ケイ率いるイギリスのミュージシャンが集まって結成されたグループです。93年デビューだったので、私は大学生の頃もっとも彼らの曲を耳にしていたのです。
 「ジャミロクワイ」っていったいどういう意味?と思った方はかなり多いと思いますが、ネイティブアメリカンの最古の部族である、イロクワイ族がJam(ジャズの即興)をするという意味で付けられたそうです。あの変わった帽子はネイティブアメリカンがかぶっている羽の帽子をモチーフにしたのでしょう。
 最初に彼らが登場したとき、私はその変わったバンド名よりも何よりも、まずそのかぶり物=帽子にひかれてしまったのですexclamation×2あのなんともいえないほど変わったデザインの個性的な帽子に一目で引きつけられてしまいました。もし街にあのような帽子が売られていたらまちがいなくゲットしていたことでしょうexclamation
 音楽的なことをそういえばあまり語っていませんが、あせあせ(飛び散る汗)彼らはもともとアシッド・ジャズとよばれる、ファンク・ソウル、そしてジャズの影響を受けて発生したジャンルから出てきたため、その音楽はなかな軽快なものが多いのです。
 日本では、3rdアルバム「Travelling Without Moving」収録の、「Virtual Insanity」がCMソングに起用されたため、人気が爆発しましたひらめきあの動く床で歌いながら動き回るCMは、衝撃的でしたね☆ちなみにこのアルバム、全世界で700万枚を売り上げる大ヒットとなりました。
 あと私が好きな曲は、アルバム「シンクロナイズド」収録の「Canned Heat」です。これも、ジェイ・ケイが部屋を動き回りながら歌い踊るPVの印象が強烈ですexclamation
 彼らの曲では、わたしはファンク色の強い、思わずからだが動いてしまうような曲が気に入ってます。しかし、彼らの曲は歌詞をよく見てみると、環境問題や政治問題など、意外とマジメなものも結構あるのです。わたしがその事実を知ったのは、彼らの曲を聴きだしてから、何年も後なのですがあせあせ(飛び散る汗)
 今年はベストアルバムを発売するという噂もあるようですし、なかなかいろんな意味で目の話せないグループですexclamation
 
 ちなみに、私があの帽子を初めて目にした瞬間に想像したのが、ドラゴンクエストに出てきたアイテム「ふしぎなぼうし」です。歩き回るごとにMPが増加するというあれですexclamationゲームはほとんどしない私ですが、ドラクエだけはわりと知っているものですから・・たらーっ(汗)もしふしぎなぼうしが現実にあったら、きっとああいう形をしていたに違いないexclamationと勝手に想像してしまったのですダッシュ(走り出すさま)

 
  

今回は、「Virtual Insanity」のPVをアップしました。実に印象に残ります!


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:50| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

懐かしの洋楽アイドル、今はいったい?〜ジェイソン・ドノヴァン

 先日、某古書店を覗いてみたところ、音楽雑誌のコーナーに今は廃刊になった某FM雑誌が置かれてあったため、思わず手に取りました。そこの本屋にあったのは、ほとんどの号が90's後半以降のものだったため、あまり面白い記事は無いな〜と思いながら、物色していたところ、90's後半の号の中に紛れて、1990年2月号の文字がっexclamation×2
 100円でその号を買い取り、すぐさま家へ帰って全ぺージ読み倒してしまいましたわーい(嬉しい顔) ・・いやもう、懐かしいという言葉では足りないくらい、すごい記事のオンパレードexclamation×2一部紹介すると、当時人気絶頂のアーティストとして、ミリ・バニリやポーラ・アブドゥルの名前がexclamation
 つくづく芸能界の浮き沈みの激しさを実感いたしましたたらーっ(汗)
 前置きが長くなってしまいましたが、今回登場するのは、80'sに雨後の竹の子のように現れた、PWLレーベルのアーティストの中から、そういえばいたよね、この人?っといった感じのアーティスト、ジェイソン・ドノヴァンです。
 ちなみに私が買った某FM雑誌にも、リック・アストリーと並んでこの人のことが紹介されていました。そういや、どうしているんだろ?と思い、今回ピックアップいたしました。
 この人と言えば、同じオーストラリア出身で昼ドラでも共演しており、同じPWL所属アーティストでもあるカイリー・ミノーグとセットで紹介されることも多いです。カイリーの方は、乳ガンの手術が無事成功し、コンサートツアーを再開させるというニュースを最近見ました。彼女とジェイソン・ドノヴァンとのデュエット曲「Especially For You」はなかなかいい雰囲気のデュエットナンバーで、PWLのオムニバスアルバムにも収録されています。
 彼の曲で一番日本でヒットし、カラオケにも収録されているのが「Too Many Broken Hearts」という曲なのですが、この曲は藤井隆のデビュー曲「ナンダカンダ」と激似ですexclamationいぜん相方とカラオケでお互いの曲を歌い比べたことがあるのですが、歌詞を取り替えてもいいんじゃないかexclamation&questionというぐらいコード進行その他が一緒でした。まさか・・オマージュexclamation&question爆弾
 ・・話をジェイソン・ドノヴァン本人に戻すと、PWLとの仕事を卒業した90年代以降、彼はミュージカル俳優として活躍していたようです。一時期人気が低迷して母国オーストラリアに帰ったこともありましたが、現在はイギリスとオーストラリアを往復して俳優活動をつづけているとか。
 今でもがんばってることはわかったのですが・・何よりも私が驚いたのは彼の外見のすさまじい変貌ぶりですたらーっ(汗)やっぱり人間、髪の毛はだいじだな〜とつくづく思ってしまいましたたらーっ(汗)
 現在の彼のお姿は、ジェイソン・ドノヴァンと茶色でかかれてある、下線が引かれた文字をクリックすると見ることが可能です。「え?誰?」なんて思う方続出!?
 下のamazonのジャケットと比べると・・まるで別人のようです。

 

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 12:55| Comment(3) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

愛と青春の旅立ち〜ジョー・コッカー

 この人は、60'sからすでに活躍している人なのですが、なんと言っても空前の大ヒットを記録した代表曲が80'sなので、とりあえず80'sのカテゴリに入れております。
 わたしがこのジョー・コッカーという人を知ったのは、やはりさきほど述べた空前の大ヒット映画「愛と青春の旅立ち」の主題歌(Up Where We Belong)がきっかけでした。ジェニファー・ウォーンズとのデュエット曲であるこの曲はアカデミー主題歌賞を獲得したことでも知られており、洋楽デュエットの定番になっています。
 この映画はなんといってもリチャード・ギアがむちゃくちゃ若くてカッコいんですよね〜内容も青春そのものって感じで、映画公開時の何年も後に見たわたしでも、感動しましたexclamation
 そして、このジョー・コッカーについてはもうひとつ「You Are So Beautiful」という代表曲があります。どちらかと言えば私はこの曲のほうがお気に入りでするんるんあの独特のハスキーボイス(というよりしゃがれ声と言った方が感じがでるかも)でエモーショナルに歌われたら、世の女性の多くがうっとりするexclamation&questionはずですexclamation×2
 しかし、わたしはこの曲を本人のオリジナルではなく某アーティストのカバーで知りました。ちなみに平井堅ではございませんあせあせ(飛び散る汗)
 この、ジョー・コッカーのあの独特のしゃがれ声は、アルコールの多量摂取が元になっているそうです。この声を生かして、70'sはロックナンバーでかなりシャウトしまくっていたようですが、残念ながら私はその時代については詳しくありません。でもこの頃発表した曲も、いろいろなCDレビューを見てみると印象にのこる曲が多いようです。
 し・か・しexclamation飲み過ぎにはくれぐれも注意いたしましょうexclamation
 この人もお酒にはかなり人生を狂わされたようですからね〜あせあせ(飛び散る汗)
 世の中には酒で身を滅ぼす人の方が多いのですから・・たらーっ(汗)

  

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 14:02| Comment(4) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

海猿のあの曲の主は・・〜ジャーニー(Journey)

 父の治療も本日一段落し、どうにかこうにか落ち着きました。
 コメントを寄せてくださったかたがた、ありがとうございますm(_ _)m
 本日から普通の生活に戻れるよう、がんばりたいと思います。

 さて、今回とりあげるのはアメリカのロックバンド、ジャーニー(Journey)です。彼らの曲は、私は80's当時から幾度となく耳にしていたにもかかわらず、誰の曲かがまったくわからないまま世紀を越してしまい、一番よく耳にしていた「セパレイト・ウェイズ」という曲を歌っているバンド=ジャーニーと知ったのは2002年頃という遅さあせあせ(飛び散る汗)昔からのファンの方々には申し訳ないですが、彼らのバンド名と歌が一致したのがほんとうに遅かったのです。
 調べてみたら、1973年結成でもう30年以上もがんばっているバンドだったんですよね〜たらーっ(汗)わたしが洋楽を一番よく聴いていたのは、80's後半で、そのときはどちらかと言えばボン・ジョヴィやヨーロッパのような、今でいうイケメン系ロックバンドばかり聞いていたので、彼らのことを知る機会があまりなかったのかもしれません(言い訳(^^;))
 彼らの全盛期は80'sだったのですが、86年に一時活動を打ち切ってしまっていたことも今回調べて初めてわかりました。30年間何事もなく続いていくのはやはり大変なことなのです。そして、10年後の96年に突如復活し、現在に至るわけですが、その間2004年には来日公演も果たしていますexclamation
 最近では、あの映画&TVドラマにもなった「海猿」で、彼らの「Open Arms」が使われ、再び脚光を浴びていますexclamation最近改めて彼らのアルバムを聞いてみたのですが、ロックが苦手という人にも取っつきやすい佳曲が多く、特に全盛期のボーカル、スティーブ・ペリーのハイトーンボイスが最高にGoodexclamationでするんるん
 さて、「海猿」実は私まだドラマも映画も見ていないのですが、すごく泣けるexclamationと言う噂なので、今度TV放送されたらぜひじっくり見てみようと思いますわーい(嬉しい顔)

  

ブログランキング
 
posted by ろ妃江 at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

強い大人の女性、って感じです。〜ジュリア・フォーダム

 昨日実家へ無事帰ったのはいいのですが・・私が留守の最中にうちの親がわけがわからぬままとある電話会社のADSL+電話プランに加入してしまったため、今まで使っていたYahooのADSLが使用不可にあせあせ(飛び散る汗)しかももう一度使えるようにするためには手数料が必要で、最短でも1週間後にならないと開通しないとか・・・ダッシュ(走り出すさま)。電話会社も競争激しいのはわかるのですが、余計なことしないでほしかったあせあせ(飛び散る汗)
 おかげさまで私は本日から更新のためインターネットカフェに通わなくてはなりません。おまけにおととい家の車が追突されたそうで、現在なれない代車に乗っております。車(セダン)・・これ以上書くとちょっと愚痴モードに入りそうなので、本題に入らせていただきますexclamation

 さて、気を取り直して今回はジュリア・フォーダムを取り上げます。彼女の歌声はなかなか独特で、最初に聞いたときは声の高い男の人が歌っているのかと正直思ってしまいました。たらーっ(汗)しかし、よくよく聞いてみると、すっと耳になじんできて、まるで森の中でマイナスイオンを浴びているかのような気分にさせられる、癒し系なのです。
 わたしが最初に彼女の曲を聴いたのは、車のCMで流れていた「トーク・ウォーク・ドライブ」です。あの特徴あるクリスタル・ヴォイスが気になって、レンタルで1stアルバムを借りました。ちなみに彼女のデビューは1988年、南アフリカのアパルトヘイトのことを歌った「Happy Ever After」がブレイクし、一躍有名になったのです。その後、80年代末から90年代にかけて、CMや映画にと、彼女の音楽がよく使われておりました。
 しかし、最近あまり名前を聞かず・・どうしているのかと思ったら97年にアルバム、そしてベストアルバムを出した後にしばしの休養を経て、つい最近演奏活動を再開したようです。
 ちなみに日本では今年の1月に、ブルーノート福岡などで単独公演をおこなったばかりカラオケしかも、あの中島みゆきの曲をカバーしたトリビュートアルバムにも参加していたとか。ぜんぜん知らなかった・・あせあせ(飛び散る汗)
 しかしまだまだ現役でがんばっているとわかっただけでもうれしいものです。
 彼女の曲を聴くには、やはり最近リリースされたベスト版がお勧めですexclamationどうぞ一度あの癒されるようなマイナスイオンたっぷりのお声にふれてみてくださいませ猫いちど聞いたら忘れられない声だと思いますよるんるん

  

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 18:50| Comment(1) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

'94 ハウステンボスライブ〜ジャネット・ジャクソンA

 前回の続きになります。
 ジャネット・ジャクソン@の方をごらんになっていない方は、そちらも併せてごらんください☆

 わたしが人生で初めて見た大物外タレ(アーティスト)といえば、このジャネット・ジャクソンです。
 忘れもしない1994年3月末頃のことです。
 このとき、私は県外の予備校で浪人した後、大学に合格して、田舎に帰ってきた直後でした。1年間、テレビを全く見られず、洋楽情報はこっそり持ち込んだFMラジオのみという禁欲生活だったため、この辺でライブでも見て受験勉強の疲れを発散しようというピークだったのです位置情報
 実家に帰ってすぐ、あ・の・ジャネット・ジャクソンがハウステンボスでライブをするexclamationという信じられないような知らせを聞きつけ、あわててチケットを購入しました。確か7000円前後くらいだったような・・
 これから学生となるわたしにとってはちょっと痛い金額でしたが、ホンマもんのジャネットを見ると思えば安いもの・・と自分に言い聞かせ、ライブ当日を迎えたのです。

 3月某日、シャトルバスにのり、1時間ほどで、目的のハウステンボスに到着しました。
 この当時、ハウステンボスのような辺境の地のテーマパークに、大物アーティストが来ると言うことはまるで夢のような出来事でした。バブル崩壊後の起死回生策だったのかも。(今はなりふりかまわないという印象ですがあせあせ(飛び散る汗)
 確か6時開演予定で、2時間ほど前から開場していたのですが、わたしが会場時間頃につくと、すでに多く人でごった返していました。
 ライブ会場は、ハウステンボス敷地内の野外特設ステージだったのですが、あいにくこの日は3月末でまだ寒風吹く時期でした。人が多かったからまだ良かったのですが、吹く風がみょうに冷たかったのを記憶してます。
 そして、いよいよ開演時間を迎えたのですが、ジャネットが全く出てくる気配すらありません。聴衆はみんな立ちっぱなしのまま、30分、1時間・・・とむなしく時間が過ぎ去っていったのです。その間、様子を知らせるアナウンスなどは一切無く、開演予定時間1時間を超えたあたりで、聴衆の間には「まさか中止じゃないだろーなーあせあせ(飛び散る汗)」という不安の声が漏れ始めましたあせあせ(飛び散る汗)わたしもまさか・・と思っていたのですが、そんなとき、突如ジャネットが登場したのですグッド(上向き矢印)るんるんexclamation×2

それまで待つのに疲れ切っていた聴衆は、大盛り上がりで彼女のステージを楽しんでましたexclamationわたしも「リズム・ネイション」などで飛び跳ねまくっていました・・が、どーもジャネットの様子が変ですモバQ
 いまいち声が出ておらず、ダンスも切れがないような気が・・
そして、ステージ開始40分後ぐらいで彼女は突如舞台裏へひっこんでしまいましたがく〜(落胆した顔)
 衣装チェンジ??かと思いきや、その後しばらくして、このようなアナウンスが流れたのです・・
〜 「本日の公演は、本人の体調不良のため、これにて終了させていただきます」〜

 聴衆はみな、あぜんとしてました・・わたしもその一人です。
 体調不良なら1時間以上も客をまたせっぱなしじゃなくて、なんか一言くらい会ってもよいのではないの?イベントスタッフは開始が遅れている理由をなんか一言くらい説明してほしかったです。
 あの状況でよくブーイングおこらなかったよなぁ・・バッド(下向き矢印)
 まあ、体調不良を押してがんばったジャネットには何の不満もないのですが、このときはちょっと、進行する側に不手際ありまくりだった気がします。
 公演が終わったのは予定終了時間より1時間近くも前でした。
 私の人生初の外タレライブは、やや苦い思い出となってしまいましたが、生ジャネットを見られただけでもよしとしますひらめき
 どうやら今後こちらの方に公演に来るなんてことはなさそうですので・・。

 何せ12年前の出来事なので、はっきり覚えて無いところもあるのですが、こんな感じです。その後、次に私が外タレを見るのは12年後の「DANCE POP SUMMIT」まで一度もありませんでした(^_^;)

 ハウステンボスのライブの時にリリースされて話題になっていたのが、アルバム「janet」です。ジャケットは顔だけしかうつっていませんが、中を開くと上半身ヌードの彼女の胸が男性の手で隠れている・・というなかなか衝撃的なものです。次にリリースした「All For You」といい、なぜこう露出するの好きなんでしょうか。ちなみに私はこの「janet」ではどちらかといえばスローなナンバーの方がお気に入りです。

 

ブログランキング


 
posted by ろ妃江 at 12:19| Comment(1) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

兄弟ともにお騒がせ?今もばりばりの現役!〜ジャネット・ジャクソン@

 この人を見ると、ハウステンボスでの苦い思い出がよみがえってくる(^_^;)ろ妃江@管理人です。あの時はなかなか大変でしたあせあせ(飛び散る汗)詳しくはまた次回・・。
 1982年代デビューですが、今でもばりばりの現役のジャネット・ジャクソンは、1966年5月16日生まれということですから、今年で40才exclamation9人兄弟の末っ子で、あの無く子も黙るスーパースター、マイケル・ジャクソンの妹だと言うことは周知の事実です。
 しかし、デビュー当時はお兄さんがあまりにもスーパースター過ぎて、いまいちブレイクできませんでした。兄弟の中で年下が年上を越えることって芸能界ではあまり無いことなのですが、大きすぎる兄を脅かすような存在になっていくきっかけとなったのが、1986年リリースの3rdアルバム「コントロール」です。このときに組んだプロデューサーチーム、ジャム&ルイスとのタッグが成功し、見事1位を獲得して以来、「リズム・ネイション」「ジャネット」など、次々と全米No.1ヒットアルバムを送り出していったのです。これで、マイケルの妹という肩書きはほぼ必要なくなったといっても良いでしょう。
 私が一番印象に残っているのは、なんと言っても「リズム・ネイション」のPVですTV。お兄さんに匹敵するくらいの完璧なダンスパフォーマンスが、モノクロの画像で展開されるところが何度見てもイイ(’θ’)!
 あと、彼女はなかなかスキャンダルを提供するアーティストとしても有名で、短期間に結婚、離婚したかと思えば、記憶に新しいところでは2004年のスーパーボールでの“ポロリ”パフォーマンスで世間を騒がせてくれましたあせあせ(飛び散る汗)このパフォーマンスの影響は大きく、その年に出たアルバム「ダミタ・ジョー」はセールス的にはいまいちだったようです。バッド(下向き矢印)内容的には悪くなかったと思うのですが・・。
 裁判沙汰で世間を騒がせてくれた兄マイケルとは今でも大変仲がよいそうです。やはりリアル兄弟だけに通じるところが多いのでしょう。
 今年、またどうやらアルバムを出すとの話ですが、今年はジャム&ルイスとのタッグ結成20周年とのことで、今までで最高のアルバムを作ってくれそうです。非常に期待大わーい(嬉しい顔)ですね。

 ハウステンボスライブの顛末は次回お知らせします。
 あのときは3月なのに寒くてしかも野外だった・・しかもジャネットがぁああ・・exclamation

    

 ブログランキング
posted by ろ妃江 at 12:56| Comment(3) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。