2007年07月26日

あの人もカバーしてます!?〜ジョニー・ヘイツ・ジャズ

 来週1年ぶりに実家に帰るので、ちょっとずつ準備をしているところです。それにしてもあまりにも暑いので、準備する手がついつい止まってしまいますね。
 1年半ほど前まで、実家から30分ほどの職場に勤務する生活をしていた私ですが、それだけ留守にしている間に、後輩同士がいつのまにやらできちゃっていたり、お世話になった上司は東京へ転勤が決まったり・・といろいろあったらしいのです。
 1年という月日は短いようで長いのかもしれないですね〜
 もはやすっかり浦島太郎状態です。

 さて、今回は私が最も洋楽を聴きあさっていた80年代後半に突如として全米、全英チャートにヒットナンバーを送り込んだバンド、ジョニー・ヘイツ・ジャズを取り上げてみます。

FC2 Blog Rankinga_01.gif
 この方達はイギリス出身で、88年に「Turn Back The Clock」というアルバムでデビューしたのですが、この中の収録曲「Shatterd Dreams」「I Don't Wanna Hero」が全英・全米チャートでともにトップ10入りするという快挙を達成したのです。
 今思えば、80'sの後半というのはイギリス出身のアーティストがかなりもてはやされていましたよね。同時期に全英・全米チャートを制したリック・アストリーなんかもそうですし。そういえばビジュアル的にも似ているかも!?
 それはさておき、彼らの代表曲である「Shatterd Dreams」はミディアム系の音が非常に切なく、印象深い名曲だと思います。今聞くと80's末頃の風景が私には一気によみがえってきますね。
 そしてもう一つの代表曲、「I Don't Wanna Hero」は、「反逆のヒーロー」というタイトルで、今や人気演歌歌手の長山洋子がアイドル時代にカバーしてました。おかげで日本語バージョンはちょっとコブシがきいているかも!?
 噂では荻野目洋子の一連のヒット曲にも彼らのサウンドは影響を与えている!?らしいです。
 さて、彼らですが、ファーストアルバムでは華々しい印象があったものの、2ndアルバムを出したころには全く名前を聞かなくなり、その後フェイドアウト・・という一発屋おきまりのコースを残念ながらたどってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
 しかし、一発屋とはいえども、これだけ印象的な曲を残しているのですから、再評価の機運が高まってもいいんじゃないかと思うのですが・・如何でしょう?



 今回は「I Don't Want To Be A Hero(反逆のヒーロー)」のPVをアップしてみました。このサウンド、懐かしさがこみ上げてきますね〜♪



人気blogランキングへbanner2.gif

ブログランキング





 
posted by ろ妃江 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。