2007年03月26日

AORの代表格といえば・・この方も外せません!〜ボズ・スキャッグス

 昨日家から帰ってきたらちょうどフィギュアをやっていたので思わず見はまってしまいましたるんるん
 日本人の1,2フィニッシュ、ほんとに素晴らしかったですexclamation
 運動神経がないので、スポーツやるのは苦手なのですが、見るのは大好きなのですわーい(嬉しい顔)

 さて今回は、ずっと以前に取り上げたボビー・コールドウェルと並び賞されるAORの代表的なアーティスト、ボズ・スキャッグスを選んでみました。

FC2 Blog Rankinga_01.gif


 この方が活躍していたのは主に70'sだったため、私はもちろん現役の世代ではなかったのですが、自分が大人になってこの人の曲を耳にするようになってから、「あぁ、この曲もこの人のだったんだ!」と思うことが一番多かったように思います。
 調べたところ、デビューアルバムを発表したのは’65年だったと言うことですから、もうデビュー40周年を越えてるんですね〜!
 デビュー後しばらくはヒットに恵まれなかったものの、76年に発表したアルバム、「シルク・ディグリーズ」が全米2位となる大ヒットを記録し、注目が集まったのですわーい(嬉しい顔) このアルバムは500万枚以上を売り上げたとか。現在は紙ジャケ仕様で再発されているそうですよ〜。リンク張っておきましたのでぜひご覧くださいませわーい(嬉しい顔)
 このアルバムからは「ロウ・ダウン」、「ウィ・アー・オール・アローン」の曲がヒットしました。
「ウィ・アー・オール・アローン」は未だにCM等で耳にするスタンダードな名曲ですねexclamation
 この後70'sに発売した2枚のアルバムはいずれもヒットしたのですが、80年にオリジナルアルバム「ミドル・マン」そしてベストアルバム「ヒッツ!」を発表した後はその音楽活動はぱたりと途絶えてしまうのです。あせあせ(飛び散る汗)
 音楽の世界から離れていた間は、事業をやっていたとか。
 音楽をメインの仕事からはずし、副業にしたということなのでしょうか!?
 もう音楽活動は再開しないのかと思われた矢先、88年にアルバム「アザー・ロード」94年に「サム・チェンジ」を発表して存在感をアピールしましたが、音楽活動はずいぶんとマイペースなものになったようです。
 音楽的な成功を手に入れた後は、悠々自適の生活に入ったと言うところなのでしょうか。ある意味うらやましい生き方ですexclamation
 本国アメリカでは正直過去の人という感じのようですが、日本で彼の人気は相変わらず高く、昨年も日本でライブを行ったようです。あのムーディーな雰囲気が忘れられない人々が、日本にはどうやらたくさんいらしゃるみたいですね〜exclamation  





 本日はボビー・コールドウェルとの競作ということでおなじみの名曲「ハート・オブ・マイン」のPVをアップしました。どうぞお聴きくださいるんるん


人気blogランキングへbanner2.gif

ブログランキング

posted by ろ妃江 at 11:00| Comment(12) | TrackBack(4) | Music>B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

ろ妃江さんのコメントは時々Oさんのブログから拝見させていただいていました!

ボズといえば勿論『ウィー・アー・オール・アローン』があまりにも有名ですが、
個人的には『クール・ランニング』なども好きです♪

これから、またたまに覗かせてください。
宜しくお願いします。

Posted by だりあ at 2007年03月26日 20:51
何年か前に今は亡き赤坂ブリッツでみました。
とってもダンディなおじさんでしたよ。
でも、その時のライブでは、なぜか
ウィ・アー・オール・アローンをやってくれなかったのです。
だから、キライさ〜ぷんぷん。笑
Posted by sugi at 2007年03月26日 22:39
映画のサントラに70年代に取り上げられたことも、売れた原因でしたね。アメリカ人は少しでも早くリタイアすることがステイタスなので、その点ボズは音楽を悲しいことですが仕事として考えていたのでしょう。
Posted by imagine-peace at 2007年03月27日 12:38
だりあさん:
 お越しいただきありがとうございます。
 Oさんのブログから来られたという方、ほかにもたくさんいますよ。Oさんに何かお礼したいところです(笑)
 「クール・ランニング」は私はあまり印象に無いんですが、今度ぜひ聴いてみたいと思ってます。
 どうぞこれからもお立ち寄りください♪

sugiさん:
 今でも日本にはちょくちょくライブしに来てますよね。本国では音楽活動からはほとんど退いているらしいですが。
 シブいオジサン好みな私からすればどうしてもこの方には注目せずにいられないです(笑)

imagine-peaceさん:
 確かにアメリカの方では音楽やっていたひとが年を経るとスパっと退いて別の活動に専念するということが良くありますね。
 彼にとっては音楽もビジネスの一つにすぎなかったのでしょう。まあそれだけ多方面で才能があるともいえますが・・確かに寂しいところですね。
 
Posted by ろ妃江 at 2007年03月27日 21:34
ろ妃江さんこんにちは。

Oさん=OZZYでは!?(笑)

ボズの声って最初「何この声?」と思うのですが、いつの間にか受け入れてる所か「良い声」と思うようになります。
と言ってもようやく最近好きになってきたんですよね。
でも良い曲多いです。

Posted by OZZY at 2007年03月28日 11:28
Oさんこんにちは(爆)
ボズの声、確かに好みが分かれるところですけど、聴いていくうちに深みにはまっていっちゃいますよね。
再発されたアルバム、今度聞き直してみたくなりましたよ。
Posted by ろ妃江 at 2007年03月28日 13:42
AORといえばボズですよね〜。ボビーもいいけど最初はジャマイカン・ポップスでしたよね。ボズは根っからのAORマン!…なはず(笑)
語り尽くせないヒット・ソングの数々!
バラードやロックンロールは最高ですね!
Posted by まえちゃん at 2007年03月29日 15:31
ろ妃江様、こんばんは。
ボズといえば、なんといっても、あの面長の顔。競馬好きの私には、たまりません・・。「ウィ・アー・オール・アローン」も大好きですが、「JOJO」もええな〜。
モテたに違いない!(笑)
ろ妃江様、トラックバックさせてください。よろしくお願いします。
Posted by よっちゃん at 2007年03月29日 20:54
まえちゃん様:
わたしが洋楽を聴いていたころからは正直時代がずれてるので、あまりこの人の曲には馴染みがなかったのですが、後になって聴くと、あああの曲も…ってな具合できいたことのあるものが多く、曲の良さを思い知らされました。
まさしくキングオブAORですよね!

よっちゃん様:
TBとコメントありがとうございます。確かに馬顔ですよね。(笑)AORというジャンルは今聴くとやや古い感じはしますけど、十分印象に残ると思いますね。
Posted by ろ妃江 at 2007年03月30日 19:11
ろ妃江さん こんばんは。

'80年代以前の曲は知っていても誰が?どんな方が唄ってるの?っていう事はあまり知らないのが現状です。Boz Scaggsの事が色々と知る事が出来て嬉しいです。
私はAORといえばChristopher Crossでしょうか?。(過去記事も拝見させて頂きました。)
この辺りの曲は心が和みますね。
Posted by pollux at 2007年03月31日 02:18
pollux様:
 私も全く同じで、70's以前の音楽はあまり詳しくなかったのですが、最近になって意外になじみの曲が多いことを知り、俄然興味を持つように鳴りました。
 クリストファー・クロスの曲も一時期よく聴いてましたよ。ほんとに心が和みますよね。
Posted by ろ妃江 at 2007年04月01日 10:44
HN+*)s)k, www.ex-navi.biz, �����l���A�G������, http://www.ex-navi.biz/?page_id=832
Posted by �����l���A�G����� at 2011年10月25日 06:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36827180

この記事へのトラックバック

JET STREAM / ジェットストリーム
Excerpt: 遠い地平線が消えて ふかぶかとした夜の闇に心を休める時 はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は  限りない宇宙の営みを告げています 満天の星をいただくはてしない光の海を ゆたかに流れゆく風に心を開け..
Weblog: 英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]
Tracked: 2007-03-27 12:57

これを聴けC「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン
Excerpt: 今回お薦めさせていただくのは、AOR界の大御所、ボズ・スキャッグスです。画像を見て「おお
Weblog: チューリップと音楽とプロレスと競馬とディオン
Tracked: 2007-03-29 20:57

Lowdown
Excerpt: ボズ・スキャッグスのライヴに行ってきました。 彼は1944年生まれだから61歳な
Weblog: 「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所
Tracked: 2007-04-07 02:06

A.O.R (詩)
Excerpt: 夕暮れのビルが  オレンジ色に輝く すっかり陽が落ちた街のBARで 一日の疲れを ジン・トニックでほぐしていく A.O.Rが似合う その店で ..
Weblog: Anthony's CAFE 
Tracked: 2015-02-20 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。