2006年08月31日

女性のロックバンドと言えば・・バングルス

 気がつけばもう8月も終わりなんですね〜exclamationなんて時の経つのは早いのでしょう・・ちなみにこのブログも始めてから半年が経ちました。
 まだまだ紹介したりない音楽たくさんありますので、今後ともよろしくおつきあい下さいm(_ _)m

 80年代はガールズ・ロック・バンドが続々と登場しましたが、セールス的にも成功したバンドと言えば、必ず名前があがるのがこのバングルスです。彼女たちは、84年にアルバム「気分はモノクローム」でデビューした女性4人組のロックバンドです。
 ビートルズにあこがれてデビューしたとのことですが、メンバーが女性ばかり4人というのは当時珍しかったようです。
 もともとはバングスという名前で活動していたのですが、当時同名のバンドが存在したため、バングルスという名前に解明したといういきさつがあるそうです。バングルとは、腕輪のアクセサリーを意味しているとか。ぴかぴか(新しい)
 私も正直80年代にぞくぞく女性バンドがデビューするのを見て、非常にあこがれたものですexclamationと言っても楽器がほとんどできなかったため挫折してしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
 彼女たちの大ヒット曲で私が好きな曲と言えば、プリンス殿下が提供した「マニック・マンデー」('86)や、甘く切ないバラードの名曲「胸いっぱいの愛」('88)辺りでしょうか。「マニック・マンデー」はプリンス提供ということが話題になったせいもあり、全米2位を記録する大ヒットとなりました。
 この2曲は80年代、ホントよく耳にしましたね〜わーい(嬉しい顔)
 そして、あのサイモン&ガーファンクルの名曲「冬の散歩道」も、オリジナルバージョンとはまたちがった雰囲気が楽しめておすすめです。
 彼女たちは1988年にいったん活動を停止するのですが、1999年に「オースティン・パワーズ」のサントラで4人のメンバーが集結したのを機に、活動を再開し、2003年には新作アルバムを発表して再び話題となりましたexclamation
 こうしてみると、21世紀になって再結成、再始動をするバンドってほんと多いですよねカラオケ
 80年代を音楽とともに過ごしてきた私にとっては嬉しいところです。
 彼女たちの曲を聴くには、やはりベストアルバムから入るのがいいかと思います。
 あっという間に80年代がよみがえってくることは間違いありませんexclamation

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] グレイテスト・ヒッツ
[アーティスト] バングルス
[レーベル] Sony Music Direct
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う


  

ブログランキング



 
posted by ろ妃江 at 09:30| Comment(3) | TrackBack(1) | Music>B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

君の瞳に恋してる!〜ボーイズ・タウン・ギャング

 今回は、ボーイズ・タウン・ギャングというバンドをピックアップしてみました。
 彼らと言えば、「君の瞳に恋してる」というあまりにも有名なヒット曲をとばしたバンドとして有名ですが、この曲自体は、60年代に既にヒットしていた曲で、彼らはそれをディスコサウンドにアレンジして成功を収めたのです。
 しかし、この曲をカバーしている人は日本にも世界にもたくさんいるんですよね〜exclamation海外では、ペット・ショップ・ボーイズやアンディ・ウィリアムス、そして日本では椎名林檎やTommy February6などなど・・とくに日本での人気が高いようです。
 さて、このボーイズ・タウン・ギャング、いったいどんなバンドかというと、黒人女性ボーカル+白人男性2人という組み合わせなのです。
 80年代初頭のディスコブームを牽引したともいえる彼らですが、実はもともとこのグループ、いわゆるゲイの人たちをターゲットにしていたのだとか(^^;)そういえば、たしかに白人男性メンバー、雰囲気怪しいです(笑)
 私の元職場の上司がほんまもんのゲイだったんですが、あせあせ(飛び散る汗)かなり通じる雰囲気がありますねダッシュ(走り出すさま)
 しかし、悲しいことに、私彼らの曲と言えば、この「君の瞳に恋してる」しかどうしても思い出せませんあせあせ(飛び散る汗)ベストアルバムを見ると、ずらりと曲が並んではいるのですが・・どうしてもこの曲の威力が強すぎるのです。
 曲目を見てみると、「君の瞳に恋してる'96バージョン」など、数々のアレンジを施したバージョンがこれでもか!と言うくらいあり、意外と息の長いグループだったのだな〜と変なとこで感心してしまいます。
 最近ではドラマ「離婚弁護士」で、この曲がとても効果的に使われて、ちょっとしたブームになりました。
 ディスコ世代を身をもって体験した世代が、ドラマのプロデューサー世代にいる昨今ですが、そういった人たちにとって、この曲は懐かしいと言う言葉ではすまされないのでしょうねexclamationわーい(嬉しい顔)

   

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | Music>B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

一発屋の喜劇!?〜バグルス

 実家を出て、今日ついに新しい土地で暮らし始めた私です。
 言葉の違いにややとまどい気味ですあせあせ(飛び散る汗)
 田舎→田舎に引っ越したため、言葉になれるまでには時間がかかりそうです。

 今回はバグルスというイギリスのユニットを取り上げてみました。彼らはトレヴァー・ホーンとジェフ・ダウンズの2人からなるユニットです。
 なぜ、彼らをここで取り上げたのかというと、彼らの大ヒット曲「ラジオ・スターの悲劇」という曲は、私のここ数ヶ月の私の鼻歌ランキングで見事exclamation1位を収めた輝かしい1曲なのです。
 しかし白状しますと、実は私彼らの曲を、この1曲しか知りませんあせあせ(飛び散る汗)
 これではあまりにも何もかけないため、調べてみたところ、かれらは79年に発売したデビュー曲であるこの「ラジオ・スターの悲劇」がいきなり全英1位になったラッキーなバンドだったのですexclamation
 その後メンバーの2人ははあの有名なバンド、イエスに加入するのですが、音楽性が全く違っていたためにファンの不評を買って、結局イエスから脱退することにしまったのだとか。
 そのあと、再び81年にバグルスとして2ndアルバムを発表するのですが、すぐに活動を停止してしまったそうです。
 あまりにも短い活動期間ですね〜だから一発屋などというありがたくないカテゴリに入れられちゃってるのでしょう。
 しかし、放ったその一発が私には大きな印象を与えてくれました。いまでも時々カラオケでふとこの歌を歌いたくなるときがあります。あのポップな音楽に乗った「♪Video killed the radio star♪」というフレーズは一度耳にくっついたら離れない不思議な魅力を持ってますexclamation
 ちなみにバグルスとしての活動を停止後、メンバーのトレヴァー・ホーンは、プロデューサーとして最近ではあのt.A.t.uを手がけたりと大活躍し、一方のジェフ・ダウンズはエイジアというバンドに加入して音楽活動を続けていたのだそうです。
 そして、あのアメリカの音楽放送局、MTVが開局して最初にオンエアしたミュージックビデオがこの曲だったとか。歴史的にも輝かしい1曲だったりするのですexclamation
 明後日ほぼ半年ぶりにカラオケ行くので、そのときはこの曲歌いまくってまいりますカラオケ楽しみ〜exclamation

  

ブログランキング

 
posted by ろ妃江 at 17:57| Comment(4) | TrackBack(3) | Music>B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

北欧系アーティストといえば・・E〜トリーネ・レイン

 昨日12時間の長旅を敢行しました。ちなみに海外へ行ったのではありませんたらーっ(汗)またも鈍行列車でスローライフな旅を行ってきました。
 なぜこんなことをやっているのかexclamation&questionそれはもうすこししたら明らかになりますので・・あせあせ(飛び散る汗)

 さて今回は、半日あれば飛行機で飛んでいける北欧バルト3国のひとつ、ノルウェーから突如90年代に現れた女性シンガー、トリーネ・レインです。実はこの人、生まれはカリフォルニアだったとか。だからアメリカ人にすんなり受け入れられたのかもしれませんねわーい(嬉しい顔)
 この人の1stアルバム「トリーネ・レイン」('94)がリリースされたころ、「ジャケ買い」という言葉が流行しましたが、もしかしたらこの人がはやらせたのでは?と思ってしまうのです。この「トリーネ・レイン」のジャケットには目を奪われたかたも多いことでしょう・。
 女の私でも、最初にタワレコでこのCDジャケットを目撃したとき、思わずその深そうな胸の谷間あせあせ(飛び散る汗)に目が行ってしまいましたからね〜たらーっ(汗)
 でも肝心のこのアルバムの中身は、なかなかいい感じの曲が詰まってます。ジャケットだけで中身はたいしたことないんじゃexclamation&questionなんて思われてそうですけど、実際はまったくそんなことありませんexclamation
 このアルバムは当時人口400万人のノルウェーで20万枚のセールスを記録したとのことで、かなり話題になっており、「ノルウェーのマライア・キャリー」なんていうキャッチコピーも出ていたほどでした。それだけ売れたため、日本での来日公演も実現したのです。
 マライアほどの歌唱力・・というわけではないのですが、そのエモーショナルな歌唱とセクシーなスタイルは、たしかに彼女と通じるところがあるかもしれません。
 日本でもこの1stアルバムは40万枚を売り上げたそうです。
 ただ、1stの印象があまりに強烈だったせいか、2nd,3rdを出すころには、残念ながら彼女の名前を聞くことはあまりなくなってしまいました。。
 しかし、彼女は21世紀になってまた注目されることとなります。きっかけは、アメリカ版ASAYANともいえるオーディション番組「アメリカン・アイドル」の初代優勝者、ケリー・クラークソンが、トリーネの大ヒット曲「Just Missed The Train」をカバーしたことです。
 この曲はちなみに私の鼻歌ランキング4位ですね(笑)そのうち洋楽部門鼻歌ランキングを公開させていただきますのでるんるん
 ちなみに日本ではあの椎名林檎もカバーしているとかexclamationミスマッチでなかなか面白いかもしれません。一度聴いてみたいものです。
 現在の彼女の近況ですが、2004年に事務所を移籍して、活動を再開しているとのこと。まだまだ美しさとあのエモーショナルな歌声は健在ですよexclamation
 私のブログはアーティスト名(色が茶色になっている)のところをクリックすると、そのアーティストの公式HPにリンクされるようになっています。ぜひクリックしてみてくださいね〜exclamation

   

2006.12.2 追記
 「Here For The Show」という曲のライブ映像をアップします。どうやら今年の映像の様子!どうぞご覧下さいませ☆


ブログランキング


posted by ろ妃江 at 17:15| Comment(3) | TrackBack(0) | Music>T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ロック一筋早30年!?〜エアロスミス

気がつけば8月も残すところあと1週間を切りました。今頃世のお子様は宿題を終えるのにラストスパートしているところでしょうかexclamation&question

 さて、今回はいわずと知れたハードロックバンド、エアロスミスです。
 彼らは70年代から現在までなおも活動中の、むしろ怪物ともいえるバンドです。80年代に一時期人気が低迷していた時期はあったものの、自分たちのスタイルをしっかり確立しているところはすごいexclamationの一言です。
 白状しますと、私は実のところハードロックというジャンルはあまり得意ではないのです。これまで、散々メタリカなどの、ハードロックよりさらに暑苦しいメタルバンドを取り上げたわりにこういうのは変ですけどあせあせ(飛び散る汗)
 むしろ、私の周りの人に彼らのようなハードロック好きが多かったため、半ば強制的にハードロックの知識が植えつけられたのです。
 ですから細かい知識は正直このブログを呼んでいる読者の方々のほうが詳しいこと間違いありません。
 どうか私のつたない知識を補っていただきたいですあせあせ(飛び散る汗)
 このエアロスミスの曲を私がちゃんと腰をすえて聴いたのは、あの映画「アルマゲドン」の主題歌「ミス・ア・シング」からですたらーっ(汗)この曲は映画公開当時ほんとによく流れてました〜あせあせ(飛び散る汗)
 映画も大ヒットしましたし、私も当時できたばかりのシネコンに見に行った記憶があります。
 それよりも私が驚いたのは、ボーカルのスティーブン・タイラーの娘さんでいまやハリウッド女優のリブ・タイラーの美しさexclamation×2どうしてあの爬虫類のようなお顔立ちの(ファンの方申し訳ございませんあせあせ(飛び散る汗))父親からLaxのCMにも出てくるほどのすばらしいクール・ビューティが生まれてくるのか不思議でなりません。exclamationDNAってほんと不思議ですね〜exclamation×2
 2004年には日本でドームツアーを行い、2005年には最新アルバムも発表して、まだまだ衰えを知れない彼ら・・う〜ん、やはりモンスターですexclamation

 実は明日かあさってまた大移動を敢行するため、また更新が遅延するかもしれません。どうぞご容赦くださいませ。。
Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツUltimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
[アーティスト] エアロスミス
[レーベル] ソニーミ..
>>Seesaa ショッピングで買う




 

ブログランキング





posted by ろ妃江 at 12:23| Comment(5) | TrackBack(1) | Music>A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

大人の音楽シリーズ?〜スウィング・アウト・シスター

 昨日またも鈍行で実家に帰り着きました。
 生活拠点を本格的に移すため、西へ東へ走り回っております。
 おかげで更新がちょっと滞りがちですがどうぞご容赦くださいダッシュ(走り出すさま)

 今日はまたしてもちょっと背伸びしてみて、大人向けの音楽ともいえるスウィング・アウト・シスターをピック・アップしてみました。彼らはイギリス出身の、音楽的にはいわゆるAORのジャンルに入る男女混合ユニットです。80年代は男2人、女1人のいわゆドリカム状態でしたが、90年代に男性メンバーのマーティンが抜けたため、キーボード担当の男性アンディと、ボーカル担当の女性コリーンとの男女ペアユニットになりました。
 この辺もドリカムと同じですけれど・・あせあせ(飛び散る汗)
 だんだん秋に近づいてくると、ちょっとシックな音楽が聴きたくなりますが、彼らの曲はそんな気分にぴったりです。
 彼らがデビューしたのは85年なので、もろにダンス、ロック系音楽が全盛期のころでした。しかしそんな中で、86年に彼らの2ndシングル「ブレイクアウト」が全英4位、そして1stアルバムが初登場で全英1位を獲得したことから、彼らの曲は見事に世に受け入れられることとなりました。
 以前取り上げたシャーデーのボーカル、シャーデー・アデュと、女性ボーカルのコリーンは、アートスクール時代の同窓生だとか。どうりで、どちらもオシャレな女性なわけですね〜exclamation×2
 日本で一番有名な彼らの曲といえば、やはりドラマ「真昼の月」の主題歌になった「あなたにいてほしい」ではないかと思います。私が彼らの曲をよく耳にするようになったのもこのドラマが放映されていた96年ごろです。
 このとにかく洗練されたオシャレな音楽はいったい誰が??とかなり気になっていたものです。
 彼らは今でももちろん現役で、昨年はブルーノートなどでの来日公演も行っています。彼らの曲は大きなハコではなく、ああいうライブハウスでグラス片手にじっくり聴くのがいちばんしっくりきますね〜わーい(嬉しい顔)
 まだまだ暑い夏は続きますが、彼らの曲が似合う秋の気配もちらほら・・してきませんかexclamation&question 
ベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしいベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしい
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしい
[アーティスト] スウィング・アウト・シスター
[レ..
>>Seesaa ショッピングで買う
 

 


ブログランキング




 
 
posted by ろ妃江 at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | Music>S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

80'sの女性ダンスグループといえば・・〜エクスポゼ

 今回はエクスポゼなるちょっと変わった名前のグループを紹介してみます。
 彼女たちのデビューは、1985年でした。マイアミからやって来た3人組の女性ダンスグループとして登場したのです。
 3人組女性グループといえば、この頃はバナナラマなども有名でしたね。
デビューアルバム「エクスポージャー」はいきなり大ヒットし、7曲連続全米トップ10入りを果たすなど、当時の人気はすさまじいものでした。
彼女たちはマイアミ出身と言うことで、ラテン系の明るいノリのダンスミュージックが多いのですが、コーラスワークも抜群で、初の全米1位となったのはバラード曲「シーズンズ・チェンジ」だったのです。
2ndアルバム「恋のダンスパラダイス」も大ヒットしましたね〜ハートたち(複数ハート)
ちなみにわたしが好きなのは、デビューアルバムに収録されている「ポイント・オブ・ノーリターン」のようなダンス系の曲です。この曲はあの伝説のディスコ、マハラジャでかかっていた曲を集めたオムニバスアルバムにも収録されておりまするんるん
 92年にメンバーチェンジを行った後、彼女たちは解散してしまうわけですが、その親しみやすいキャッチーなダンスサウンドと、確かな歌唱力は後に数多く現れた女性ダンスグループにもかなり影響を与えたようです。
 現在はベストアルバム以外入手困難ですが、ぜひご一聴くださいませカラオケ

 さて実はまた明日、鈍行列車+特急で実家に戻る旅を敢行いたしますあせあせ(飛び散る汗)
 時間はあるけどお金がないものですからたらーっ(汗)
 もしかしたらこのようなことも今しかできないかもしれませんので、また車窓からの景色でも眺めながら、音楽をお供に向かいたいと思いますわーい(嬉しい顔)

  

ブログランキング


posted by ろ妃江 at 10:53| Comment(6) | TrackBack(1) | Music>E | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

2世タレント、でも実力は折り紙付き!〜ウィルソン・フィリップス

 いわゆる2世タレントって世間からはなかなか冷たい目で見られることが多いです。そのため、親を越えるくらいの実力が無ければなかなか世間から高評価を得ることができません。
 私が着いていた職業は2世、3世が多かったため、その人たちを見ると、親を越えようと苦悩する姿がうかがえて、つくづく七光りがあるのも楽じゃないな〜と思っていたものです。

 それはさておき、今回は海外芸能界にも数多い2世のミュージシャンの中から、このウィルソン・フィリップスをフューチャーしてみました。彼女たちは、ママス&パパスのジョン&ミッシェル・フィリップスの間に生まれたチャイナと、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンの娘、カーニーとウエンディにより結成された、女性3人のグループです。親たちがいずれも超有名なミュージシャンだったため、デビュー当時はサラブレッドとか2世グループとかいう肩書きが必ずついておりました。
 デビューアルバム「ウィルソン・フィリップス」('90年)には「ホールド・オン」「ユー・アー・イン・ラブ」など数々の名曲が収録されております。ちなみに「ホールド・オン」は私の鼻歌ランキングでは5位くらいに位置しておりますわーい(嬉しい顔)
 2世というと、その実力については評価が分かれるところなのですが、彼女たちに関して言えば、よくぞ見事に親のDNAを受け継いでくれましたexclamationと言いたくなるほどの絶妙なハーモニーを聞かせてくれていたため、実力は保証されていたといってもいいでしょう。
 しかし、彼女たちが騒がれていたのはこの1stアルバムがやはりピークでした。2枚目のアルバムを出した頃には、以前ほど話題にはされなくなり、95年にメンバーのチャイナがソロに転向したことによって、ウィルソン・フィリップスは自然消滅してしまうのです・・あせあせ(飛び散る汗)後にカーニー&ウェンディの姉妹は父と一緒ににウィルソンズというグループを結成したそうです。要するに分裂したような形になってしまったというわけです。
 彼女たちと言えば、1990年の東京音楽祭のステージが忘れられません。私はこの番組が好きで、当時は毎年のように見ていました。海外のアーティストのステージをゴールデンタイムで見せてくれる番組なんて今となっては考えられないですね。また是非おこなってほしいのですが・・
 彼女たちはこのステージで、すばらしい歌声を聞かせて、グランプリを獲得しました。ちなみにこの年の東京音楽祭にはシニータも出演しています。 私はビデオに録画していたのですが、どうやらビデオは私の留守の間に処分されてしまった模様バッド(下向き矢印)
 もしこの東京音楽祭のビデオお持ちの方いらっしゃったら、ぜひご一報下さいませexclamationこの年以外もぜひ見てみたいです。
 そしてこれはすごくびっくりしたのですが、メンバーのひとり、カーニーは大変ぽっちゃり系だったのですが、なんとダイエットに成功して、某雑誌でヌードまで披露したとのこと目
しかも、2005年にオリジナルメンバーで彼女たちが再結成exclamationという話を聞き、ホームページ(クリックしてみてください) を見たところ、美女揃いのグループに変貌しているではないですかっexclamation×2
 ここまで見事にカーニーがダイエットに成功しているとは驚きの一言ですexclamation×2噂によると、胃を小さくする手術をして、食事量を強制的に減らしたということですが・・ココまで変わるなんて、最初脂肪吸引でもしたのかと思ってしまいました(笑)
 実は最近太りぎみの私あせあせ(飛び散る汗)ぜひ彼女を見習って、食事量をへらして行こうかと思っておりますexclamationしかしまた挫折しそうな気がすしますが・・どんっ(衝撃)
 彼女たちの最新作「California」偉大なアーティストたちのカバーに挑戦した意欲作です。よろしければご一聴をるんるん

CaliforniaCalifornia
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] California
[アーティスト] Wilson Phillips
[レーベル] Columbia
[種類] CD

■商品紹介■
12年のブランクを経て、..
>>Seesaa ショッピングで買う


 

2006.12.2 追記
 「Hold On」のPVアップしました。ほんと懐かしいですね!


ブログランキング



 
posted by ろ妃江 at 10:57| Comment(3) | TrackBack(1) | Music>W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

これぞ大人のロック?とにかくシブいです!〜クリス・レア

 実家の方は昨日台風が通過して、どうなることかと思ったのですが、雨がかなりふったものの、たいした被害はなかったとのこと。まずはほっといたしましたわーい(嬉しい顔)

 さて、今回はアイルランド出身のシンガーソングライター、クリス・レアです。この人の音楽は、とにかくシブいexclamation声もとにかく哀愁がただようオヤジ声なので、ますますシブさ倍増という感じですexclamation
 ソロデビューが78年なのですが、ブレイクしたのは86年の「オン・ザ・ビーチ」という曲でした。私がこの人のこの曲をきいたのはそれから数年たってからのことです。ある英会話のラジオ番組でたまたまこの人の音楽を耳にしていたのですが、そのシブ声に一瞬でとりつかれてしまいましたexclamation
 ちなみにわたくしこの頃リアル高校生です(笑)
 思えばその辺りから私のシブ声好きが始まったのかもしれません。クリス・レアのちょっと前に聞いたスティングの「イングリッシュ・マン・イン・ニューヨーク」がシブ声入門編だとすれば、このクリス・レアの「オン・ザ・ビーチ」は中〜上級編だったのでしょうかexclamation&question
 しかし、この歌を歌っていた当時、クリス・レアってまだ35才くらいだったんです(1951年生まれ)exclamation声を聞いた瞬間は確実に40代越えてると思っていたのですが、大間違いでしたたらーっ(汗)
 この「オン・ザ・ビーチ」は世界的に大ヒットし、87年には初来日公演を成功させたとか。ほかに私のお薦めの曲は、「ドライヴィング・ホーム・フォー・クリスマス」です。これもシブいボーカルが光る、クリスマスにはぜひとも聴いておきたい曲です。
 現在でもイギリスでは人気が高く、そのシブ声とギタープレイであのエリック・クラプトンと比較されることもあるそうです。
 ベスト盤もいくつか出ているので、あのシブイ世界をここはひとつぜひ、味わってみてはいかがでしょうか?

ヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レアヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レア
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レア
[アーティスト] クリス・レア
[レーベル] イーストウエスト・ジャパン
[種類]..
>>Seesaa ショッピングで買う


 

ブログランキング



 
posted by ろ妃江 at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | Music>C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

80'sのお洒落系ユニット〜スタイル・カウンシル

 今回は、イギリスのユニットであるスタイル・カウンシルをピックアップしてみました。
 彼らと言えば、以前某朝の情報番組のテーマやCMで使われていた「Shout To The Top」が一番なじみ深いかもしれません。
 このユニットは、メンバーが流動的で、曲ごとにそのジャンルだけでなくメンバーまでをもチェンジして演奏をするという、画期的な活動をおこなっていたのが特徴です。
 その中で中心となっていた人物が、ボーカル兼ギター担当だったポール・ウェラーでした。彼らのデビューは83年で、1stアルバム「カフェ・ブリュ」でソウルミュージックを基本に、ジャズやボサノバ、R&Bなど様々な音楽を取り入れて話題になりました。また、サウンドがお洒落系なのに比べて、歌詞は政治的な内容をうたったりなど、パンク色も含んでいることも特徴的です。
 その斬新な音楽性は本国イギリスのみならず、日本でも人気となり、お洒落系の音楽として認知され、後にフリッパーズ・ギターのようなシブヤ系サウンドにもかなりの影響を与えているようです。
 2nd,3rdアルバムを出すごとに日本での評価は高まっていったのですが、それと逆行するようにイギリスでの人気は残念ながら下がっていってしまい、89年には解散することとなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
 活動期間は短かったのですが、その斬新な音楽スタイルは強烈な印象を与えてくれましたわーい(嬉しい顔)
 ちなみにわたしは、「Shout To The Top」も好きですが、日本で大ヒットした「The Cost of Loving」が気に入っております。
 彼らの評価は3rd,4thアルバムを出したころには残念ながら下がっていったのですが、最近それらも再評価しようという動きが高まっているとか。
 そういう機運もあって、最近彼らの曲を耳にする機会が増えたのかもしれません。

 それにしても・・台風はみごとに九州を縦断してますね〜あせあせ(飛び散る汗)
 TV映像を見る限りけっこうやばそうなんですけどあせあせ(飛び散る汗)

ザ・スタイル・カウンシル・グレイテスト・ヒッツザ・スタイル・カウンシル・グレイテスト・ヒッツ
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ザ・スタイル・カウンシル・グレイテスト・ヒッツ
[アーティスト] ザ・スタイル・カウンシル
[レーベル] ユニバーサ..
>>Seesaa ショッピングで買う


 

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:55| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ぶらり鈍行列車の旅〜MR.BIG(ミスター・ビッグ)

 実は昨日半日かけて鈍行列車の旅をしました目
 11時間くらい電車に乗るなんて学生時代以来でしたが、なかなか楽しい旅でした。さすがに疲れましたが(^^;)
 そんなわけで今回は、電車内で退屈をしのぐのにかなり役だったMP3の曲の中から、90'sに一世を風靡したロックバンド、MR.BIG(ミスター・ビッグ)をフューチャーしてみます。
 当時のメル友(香港人)彼らの大ファンで、彼らの曲をよく自分のバンドでカバーしていると言うのを聞いたのが、私が彼らを知ったきっかけです。
 その頃文字通り「ビッグ」ヒットになったのが、つい最近でも某信販会社のCMで流れていた「To Be With You」でした。この曲は全米No.1となり、この曲が入った2ndアルバム「Lean Into It」により、彼らの人気は日本でも ブレイクすることとなったのです。
 この曲は昨日旅するときにMP3に入れてずっと聴き続けていたのですが、やっぱりイイ!彼らの曲はロックで有りながら、ポップな要素も取り入れられており、特に日本人には耳なじみがいい曲が多いのも特徴です。
 90'sは非常に精力的に活動していた彼らですが、21世紀に入るとメンバー間での不仲が伝えられるようになり、2002年に残念ながら解散することとなりました。しかし、彼らは日本への愛着が深かったため、解散ライブツアーを日本で行ったのです。その様子はDVDでに納められ、発売されています。
 彼らの曲は90'sのカテゴリに入ってはいますが、どことなく80'sのような懐かしい雰囲気も持っています。そこが今でもファンを引きつけて放さないのかもしれません。
 
 台風の影響で雲行きが怪しくなってきました・・進路に当たる方々はくれぐれもお気を付け下さいexclamation
    
  

2006.12.2 追記
 今回は「To Be With You」のPVをアップします。どうぞご覧下さい!


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 10:53| Comment(4) | TrackBack(1) | Music>M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

お洒落系ソウル・ディーヴァのひとりです〜リサ・スタンスフィールド

今回は、80's終わり頃から90'sにかけて活躍したUKのソウルシンガー、リサ・スタンスフィールドです。
 この人がデビューした当時、クラブ系のダンスミュージックが流行中だったのですが、彼女も最初はダンス系の音楽ユニットで活動していました。しかし、世の流れは派手なダンスサウンドから徐々にソウル・R&Bが台頭するようになり、彼女もそれに応じてソウル系の音楽にシフトするようになりました。
 もともと、幼少の頃からシュープリームスなどのソウル系アーティストを好んで聴いていたということですから、当然の流れといえるのかもしれません。
 私がこの人を知ったのは当時呼んでいたFM雑誌に彼女のソロデビューアルバム「アフェクション」のレビューを見たことでした。当時はシャーデーなどお洒落な感じの美人女性R&Bシンガーがブームとなっていたため、この人もソロデビューしてすぐ、大きな注目を集めたようです。
このアルバムは全世界で500万枚のセールスを記録する大ヒットとなったとのこと。
 当時、高校生だったわたしはお洒落系な女性シンガーにあこがれ、この人の音楽もすぐ注目しました。それに、この人のCDは「ジャケ借り」したくなる不思議な感じがあったのです。デビューアルバムもさることながら、わたしは、「リアル・ラブ」のジャケットに強く引かれてしまいました!横顔が美しい人って私大好きなんですよね〜るんるん
 もちろん中の音楽もより洗練されたお洒落なボーカルが光っております。
 私がもっとも気に入っている彼女の曲は「オール・アラウンド・ザ・ワールド」です。彼女の曲の中では最もセールス的に成功を収め、日本でもよくこの曲がFMで流れていたのを思い出します。そして彼女はあの映画「ボディ・ガード」のサントラにも曲を提供しています。
 その後は数年の活動休止期間を経て、21世紀になり、再びオリジナルアルバムを発表しています。2004年に最新作を発表した後、現在でもライブを行ったりなどして活躍中だとか。
 あの美しさと声はどうやら今でも健在exclamationのようですわーい(嬉しい顔)

 明日実は久々に四国に行くため、今から荷物を送ったりしなくてはなりません。そろそろ送りに行かないと、夕方からはあの有名な行事「精霊流し」が始まって爆竹の嵐むかっ(怒り)どんっ(衝撃)になりますので、これより行くことにいたします。
 それではまた後ほど・・ダッシュ(走り出すさま)

    

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:47| Comment(4) | TrackBack(0) | Music>L | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

元祖ビジュアル系?〜デュラン・デュラン

 今回は、元祖ビジュアル系ともいえる、イギリスのバンド、デュラン・デュランです。
 彼らと言えば、先日取り上げたカジャグーグーの兄貴分バンドとしても有名です。
 彼らは、81年に5人組のバンドとしてデビューし、1stアルバム「デュラン・デュラン」がいきなり全英3位となりました。ちなみにこのバンド名、あるSF映画の悪役の名前から付けられたものだそうです。
 翌年全米デビューしたことで、アメリカでもその人気に火が付き、84年には初のシングルチャート1位を獲得しました。翌年の85年には、メンバーの2人がロバート・パーマーをボーカルに迎え、「パワー・ステーション」というバンドを結成し、デュラン・デュラン本体とは別のプロジェクトを指導することになったのです。
 わたしがデュラン・デュランを知ったきっかけは、彼らが映画「007/美しき獲物たち」の主題歌を歌っていたことでした。実はこの時期、デュラン・デュランには既に解散が噂されており、バンドとしての結束が弱まりつつあるころだったのです。
 しかし、バンドとしての活動は、メンバーチェンジやメンバーの減少などを経てその後もなんとか続き、2001年にはオリジナルメンバーで再び活動することとなったのです。そして昨年来日公演を行ったのは記憶に新しいところですexclamation
 その元祖ビジュアル系ともいえる整った顔立ちがメンバーにそろっていることから、最初はアイドル系バンドと揶揄されていましたが、音楽そのものは、なかなか斬新でクールなものが多いですexclamation80'sのオムニバスアルバムにはデュラン・デュランのみならずパワー・ステーションの曲も収録されていたりしますが、その音楽を聴くと、前衛的というか、他のバンドにはマネできない新しいことに挑戦しているという姿勢が見えてきます。
 昨年のライブでは、その健在さをアピールしてくれたようですが、まだまだ頑張って欲しいですわーい(嬉しい顔)

 そういえば、今東京付近は停電で大変なことになっているようですね〜雷の影響でしょうか?ニュースで見たらすごいことになってましたからあせあせ(飛び散る汗)東京でライフラインが止まると、不便どころの騒ぎではないとおもいます。どうぞ、お気を付けてお過ごしくださいexclamation

ザ・グレイテスト 来日記念限定パッケージザ・グレイテスト 来日記念限定パッケージ
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ザ・グレイテスト 来日記念限定パッケージ
[アーティスト] デュラン・デュラン
[レーベル] 東芝EMI
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う


 

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 09:20| Comment(8) | TrackBack(2) | Music>D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

北欧系アーティストといえば・・D〜アバ(ABBA)A

 70'sに絶大な人気を誇ったアバ(ABBA)ですが、80'sに入り、メンバー間で離婚(彼らは2組の夫婦が組んだグループでした)など、プライベートな問題も続き、結局82年に活動停止を余儀なくされたのです。
 その後、私にとっても第1ABBA期は、私が中〜高校生だった80年代末頃にやって来たのですが、しばらくはちょっと遠ざかっておりました。
 そして、第2ABBA期がやって来たのは、それからかな〜りあとの21世紀、私が就職してからのことになるのです。折しも、世界では1990年から彼らのリバイバル・ブームが起こり、ベスト盤が大ヒットを記録していたのですが、21世紀に入り、日本のドラマ「ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ」で彼らのヒット曲がTVで流れることによって、アバをリアルタイムで知らない世代にも、彼らの曲が浸透してくるようになりました。
 私はそのときに再発されたアバのベスト盤をふと聴き、また彼らの音楽を聴きまくるようになったのですexclamationそのときに聴いて、覚えた「チキチータ」「S.O.S」をカラオケでよく歌っておりましたるんるん
 しかし、私の周りには英語が苦手な人が多いせいか?洋楽を歌ってもあまり反応してくれる人がいませんでしたたらーっ(汗)
 おかげでこれ以来、カラオケで洋楽を歌うのは封印しておりますキスマーク
 最近彼らで、話題になったことと言えば、マドンナの「Hung Up」という曲に彼らの「Gimme!Gimme!Gimme」がサンプリングされたこと、そしてミュージカル「マンマ・ミーア!」に彼らのヒット曲が網羅されて上演され、大成功を収めたことです。
 マドンナの「Hung Up」を最初聴いたときは、あれexclamation&questionと思った私ですが、アバのメンバーが、自分たちの曲をマドンナが使用することを特別に許可したときいて納得してしまいましたexclamation彼らは自分たちの曲が他人に使用されるのを拒むことで有名なのですが、あえてマドンナに許可したのは、「楽曲の良さ」を認めたためだそうです。日本の某子供向けテレビ番組での「ダンシングクイーン」→「単身赴任」という替え歌ですらクレームを付けたほど、彼らは自分たちの歌を大事にしているようです。
 それだけこだわっているからこそ、良い曲を何十年も残すことが出来ているのでしょうね〜exclamation
 
 さて、そろそろ洋楽カラオケの封印を解きたいところです・・カラオケ

マンマ・ミーア!マンマ・ミーア!
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] マンマ・ミーア!
[アーティスト] オリジナル・ロンドン・キャスト
[レーベル] ユニバーサルインターナショナル
[種類..
>>Seesaa ショッピングで買う


  

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 10:06| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

北欧系アーティストといえば・・D〜アバ(ABBA)@

 今日はこちらは朝から大雨です雨こんなに降るのは数週間ぶりのような気がします。お盆の帰省の時期に雨がふると、移動が大変だとおもいます。雷も落ちたりしているので、帰省中の方はくれぐれもお気を付けくださいダッシュ(走り出すさま)
 今回は、私が最もカラオケで歌う洋楽アーティスト、アバ(ABBA)です。北欧の国から出てきたアーティストで、一番有名なアーティストと言えば、このアバで間違いありません。
 全盛期は70'sなので、彼らの人気のほどを私はリアルタイムで体験していないのですが、彼らの歌は現在でもベスト盤などで数多く聴くことができ、ミュージカルにもなったほどですので、ある程度うかがい知ることが出来ます。1974年から1982年のわずか8年間の活動期間で、なんとシングル・アルバムあわせて2億5千万枚のセールスを記録exclamationしているのだそうです。
 2億5千万枚のレコード・・いったいどのくらいになるのか想像も付きませんあせあせ(飛び散る汗)
 私が最初に知った彼らの曲は、やはり「ダンシング・クイーン」でした。言わずとしれた彼らの代表曲で、初の全米No.1に輝いた曲ですが、私が知ったきっかけは地元ローカルの「名店アワー」とかいう、商店街を紹介する番組で、この歌がBGMとしてかかっていたことだったのですあせあせ(飛び散る汗)この番組は、私が当時(おそらく80年頃)よく見ていたTV番組の前に必ずやっていた番組だったので、今でも「ダンシング・クイーン」を聴くと、「名店アワー」を思い出してしまうのですたらーっ(汗)先日紹介したMCハマーと同様、どうやら完全に間違った方向に刷り込まれているようです令
 でもその当時は、それがアバの「ダンシング・クイーン」だと言うことはまだわかりませんでした。
 その曲をやっと認識できるようになったのは、だいぶ後で私が中学に入ってFMで洋楽を聴くようになってからだったのですゲームそして、アバというバンドが70'sに絶大な人気を誇り、既に解散している・・と言うこともその頃知りました。
 その中学生の時期は、私にとって、「第1ABBA期」でした・・このときに、彼らのほかのヒット曲も興味を持ち、学校の近くのCDレンタルで彼らのアルバムを借りてテープに録音して聴くということをしょっちゅうおこなうようになったのですexclamationそのときに好きだったのは、「ママ・ミア」でしたひらめき
 次回は私にとっての「第2ABBA期」である21世紀以降についての話でも書こうと思いますexclamation

アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉
[アーティスト] アバ
[レーベル] ユニバーサルインター..
>>Seesaa ショッピングで買う
  

ブログランキング

posted by ろ妃江 at 10:09| Comment(1) | TrackBack(1) | Music>A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

80's全盛期!のシンガーソングライターです〜リチャード・マークス

 今回は、80年代後半にデビューし、ブレイクしたアーティストリチャード・マークスです。
 私の手元には1989年の年間チャートを発表したFM雑誌があるのですが、そこにも彼が大きく取り上げられています。この雑誌を見ると、この年の89年にブレイクしたアーティストとして、ボビー・ブラウンやミリ・バニリ、そしてポーラ・アブドゥル・・・芸能界の厳しさを痛感させてくれるメンバーですねあせあせ(飛び散る汗)
 さて、リチャード・マークスは87年にアルバム「Richard Marx」でデビューしたのですが、このアルバムがいきなり大ヒットしたのでするんるんそしてこのアルバムの収録曲「Hold On To The Nights」が全米1位に輝きましたわーい(嬉しい顔)続く2枚目のアルバムからの「Right Here Waiting」は、当時つきあっていた現在の奥様に捧げた曲で、この曲のヒットをきっかけに結婚したという逸話があります。ハートたち(複数ハート)
 このリチャード・マークスという人は、なんといってもバラード曲に魅力があります。ロック系の曲もいいのですが、バラード曲だととくに彼のハスキーな美声が生かされるのです。私はベタではありますが、「Now and Forever」や「Right Here Waiting」などの、超有名な彼の代表作がお気に入りです。
 ところが、80年代にはこれだけ音楽的には華々しかったにも関わらず、90年代にはいると、どうしてexclamation&questionと思うくらい失速してしまうのですあせあせ(飛び散る汗)91年に発売した3rdアルバム「Rush Street」がチャートインせず、その後94年までヒットに恵まれなかったのですあせあせ(飛び散る汗)
 その後はプロデューサー業が中心となっているようですが、創作意欲は大変旺盛で、イン・シンクやルーサー・ヴァンドロスに曲を提供していたり、メロディ・メーカーとしての活動は活発なようです。2004年のグラミー賞授賞式ではルーサー・ヴァンドロスとの共作「ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー」を披露し、ソング・オブ・ザ・イヤーにも輝いたほどですexclamation
 日本では最近名前を聞かないな〜と思っていたら、本国アメリカではこういう形で頑張っていたんですね〜exclamationそのあふれる創作意欲を生かしてぜひぜひ突っ走ってほしいですわーい(嬉しい顔)

  

2006.12.2 追記
 リチャード・マークスの「Right Here Waiting For You」のPVをアップいたします。実にロマンチックですね〜わーい(嬉しい顔)
 

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 10:29| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ふしぎなぼうし〜ジャミロクワイ

 私はファッションにはかなり疎く、関心もうすいのですがたらーっ(汗)唯一、帽子にだけは興味を引かれてしまいます。今回取り上げたジャミロクワイは、別名「帽子男」などといわれるジェイ・ケイ率いるイギリスのミュージシャンが集まって結成されたグループです。93年デビューだったので、私は大学生の頃もっとも彼らの曲を耳にしていたのです。
 「ジャミロクワイ」っていったいどういう意味?と思った方はかなり多いと思いますが、ネイティブアメリカンの最古の部族である、イロクワイ族がJam(ジャズの即興)をするという意味で付けられたそうです。あの変わった帽子はネイティブアメリカンがかぶっている羽の帽子をモチーフにしたのでしょう。
 最初に彼らが登場したとき、私はその変わったバンド名よりも何よりも、まずそのかぶり物=帽子にひかれてしまったのですexclamation×2あのなんともいえないほど変わったデザインの個性的な帽子に一目で引きつけられてしまいました。もし街にあのような帽子が売られていたらまちがいなくゲットしていたことでしょうexclamation
 音楽的なことをそういえばあまり語っていませんが、あせあせ(飛び散る汗)彼らはもともとアシッド・ジャズとよばれる、ファンク・ソウル、そしてジャズの影響を受けて発生したジャンルから出てきたため、その音楽はなかな軽快なものが多いのです。
 日本では、3rdアルバム「Travelling Without Moving」収録の、「Virtual Insanity」がCMソングに起用されたため、人気が爆発しましたひらめきあの動く床で歌いながら動き回るCMは、衝撃的でしたね☆ちなみにこのアルバム、全世界で700万枚を売り上げる大ヒットとなりました。
 あと私が好きな曲は、アルバム「シンクロナイズド」収録の「Canned Heat」です。これも、ジェイ・ケイが部屋を動き回りながら歌い踊るPVの印象が強烈ですexclamation
 彼らの曲では、わたしはファンク色の強い、思わずからだが動いてしまうような曲が気に入ってます。しかし、彼らの曲は歌詞をよく見てみると、環境問題や政治問題など、意外とマジメなものも結構あるのです。わたしがその事実を知ったのは、彼らの曲を聴きだしてから、何年も後なのですがあせあせ(飛び散る汗)
 今年はベストアルバムを発売するという噂もあるようですし、なかなかいろんな意味で目の話せないグループですexclamation
 
 ちなみに、私があの帽子を初めて目にした瞬間に想像したのが、ドラゴンクエストに出てきたアイテム「ふしぎなぼうし」です。歩き回るごとにMPが増加するというあれですexclamationゲームはほとんどしない私ですが、ドラクエだけはわりと知っているものですから・・たらーっ(汗)もしふしぎなぼうしが現実にあったら、きっとああいう形をしていたに違いないexclamationと勝手に想像してしまったのですダッシュ(走り出すさま)

 
  

今回は、「Virtual Insanity」のPVをアップしました。実に印象に残ります!


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:50| Comment(2) | TrackBack(1) | Music>J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ブリティッシュ・ピアノ・マン〜エルトン・ジョンA

 seesaaブログにはRSSが標準装備ではないため、今回より新たにRSSを追加しました。RSSを使用してこのブログをごらんになりたいという方は、このブログの右上にあるRSS2.0の文字をクリックして表示されたアドレスを使用れることをおすすめします。
 さて、今回もまたエルトン・ジョンです。彼と近い世代の方があまり彼のことをご存じでなく、逆に私より下の世代から人気がある・・という珍現象がどうやらコメントをみると起こっているようです。
それはさておき、この人の曲で「Your Song」と同じく印象深いのが、「Candle In The Wind」です。この歌は、イギリスのダイアナ元王妃が不慮の死を遂げたあとの葬儀で、エルトン・ジョン自らが演奏した曲です。
 もともとは、この曲はあのアメリカの女優、マリリン・モンローへの追悼のために70年代に既に歌われていた曲を、歌詞を書き換えて、ダイアナ元王妃への追悼歌にしたものです。
 その死が今でも大きな謎となっている、二人の女性に捧げた曲として、この歌はそれだけでも歴史的価値の高い物です。
 当初、ダイアナ元王妃に捧げる追悼歌を、ポップス歌手が歌うことにはかなりの反対があったようです。しかし、生前ダイアナ元王妃と親交が深かった彼の思いは、「イギリスのバラ」に捧げたこの歌で世界中に届き、そんな反対論を見事に押し切ってくれました。
 この歌は世界で最も売れたシングルとしてギネスブックに公認されております。ちなみにその数は全世界で3300万枚exclamationこの記録を破るアーティストははたして出てくるのでしょうかexclamation&question
 この歌で見事に復活を果たした彼ですが、70年代後半に、作詞家バーニー・トーピンと決別していた時期があり、その時期は彼にとってかなり不遇の時代だったようです。ドラッグやアルコールへの依存、離婚した元妻からの莫大な慰謝料請求、そして同性愛者であること故の苦悩などなど・・あせあせ(飛び散る汗)まさしく波乱万丈な人生だったようです。
 この「Candle In The Wind」彼のそうした不遇の人生に大きな光を与えてくれました。現在彼は全世界で公演を行ったり、創作活動も意欲的にこなしているようです、私生活でも、男性と結婚して、やっと以前より落ち着いた生活になったようです。
 そういえば、日本では8年ほど前にビリー・ジョエルとのジョイントライブを行っているんですよね〜exclamation×2考えただけでもほんとすごい企画ですexclamationアメリカとイギリスのピアノ・マンを競演させるなんて、日本人が考えそうな企画のような気もしますが・・見に行った方もしいたら教えていただきたいですわーい(嬉しい顔)
 今年はビリー・ジョエルのほうが来日公演を行うとか・・私は残念ながら見に行けそうにありません(>_<)見に行く方は後で感想を教えていただけると嬉しいですハートたち(複数ハート)

  

2006.12.2追記
 今回はエルトン・ジョンがダイアナ妃の葬儀で「Candle In The Wind 1997」を演奏したときの映像をアップします。実に心にしみいる曲ですね。


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:26| Comment(6) | TrackBack(1) | Music>E | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

ブリティッシュ・ピアノ・マン〜エルトン・ジョン@

 先日アメリカのピアノマン、ビリー・ジョエルを取り上げたのですから、やはりイギリスのピアノマンであるこのエルトン・ジョンを取り上げないわけにはいかないでしょう。
 この人はデビューして実はもう40年近く経つのですが、未だにコンスタントに活動している人です。私が物心ついた頃、すでにこの人はビッグ・スターでした。この人の全盛期は70年代なので、全盛期の頃を私は余りよく知らないのですが、今でも彼の曲がTVやラジオで流れている状況を見ると、洋楽界の先頭を長年にわたってひた走っていたのだな〜と実感してしまいます。わーい(嬉しい顔)
 同じピアノ・マンと言うことでどうしてもビリー・ジョエルと比較されがちなのですが、ビリー・ジョエルが作詞、作曲を自分手がけるのに対し、エルトン・ジョンの場合は作曲のみを行っているという違いがあります。そして、デビュー当時から彼はバーニー・トーピンの作詞による曲を数多く歌ってきました。今や終生の相棒といった感じのようですexclamation
 私が最初に耳にしたこの人の曲は「Your Song」です。もうこの曲はそれ以来何度となく耳にしましたね〜この曲をはじめ、日本では彼のバラード曲のほうが有名なのですが、実際にはロックやカントリー・ミュージックなど他ジャンルの音楽を多く取り入れた曲作りをしており、かなりバラエティ豊かなのです。
 70年代はアルバムが7作連続全米No.1に輝き、ビルボード初登場No.1など輝かしい記録を持つエルトン・ジョン。不世出のアーティストですが、そのいかにも芸術家と言った性格が災いし、不遇の時期がどうやらあったようです。その辺りのこともふくめ、次回以降もう少し彼については書いていこうと思いますexclamation

  

2006.12.2 追記
 「Your Song」の映像アップしました。どうぞご覧下さい☆ミ


ブログランキング
posted by ろ妃江 at 10:54| Comment(8) | TrackBack(2) | Music>E | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏はラテンのリズムで!〜グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン

 暑い!連日の暑さでややへばり気味の私です。幸い夏バテはないのですが、実は先月ちょっとした手術をして腕を思うように伸ばせないため、ストレスがたまり気味なのです。こんな暑い時期でしかも手術後だと、体力を奪われやすいですね〜
 それはさておき、今回グロリア・エステファンをセレクトしたのは、ラテンのリズムでちょっとでもこの暑さを吹き飛ばしてしまいたいという意図からですexclamation
 この人は、キューバ出身で、キューバ革命の折りにアメリカ・フロリダ州マイアミへと移り住みました。しかし、移民と言うことで移り住んですぐの時期はなみなみならぬ苦労があったようです。
 そのあと、夫となったエミリオ・エステファンとともに「マイアミ・サウンド・マシーン」というバンドを結成し、これが80年代にアメリカで大ブレイクしたことから、一躍有名になったのです。
 私が最初に聴いた彼女の曲は、NHK(だったと思いますが自信ありませんあせあせ(飛び散る汗))でのライブで耳にした「Conga」(85年リリース)です。わたしの父親が、わたしが幼少の頃スペインに出張していたこともあって、ラテン系ミュージシャンの曲をたくさん持ち帰ってきていたため、ラテン音楽は小さい頃から結構興味を持っていたのです。彼女の曲はラテンのリズムにアメリカのポップスがうまく融合したものが多くて、すぐにわたしの耳になじんできましたわーい(嬉しい顔)
 80年代は音楽的に順風満帆だったようですが、90年に入って、グロリアは交通事故で、大けがをし、再起が危ぶまれたこともありました。しかし、見事に復活し、スペイン語で歌うアルバム3枚はグラミー賞に輝きました。
 そして、96年、アトランタオリンピック閉会式で歌った「リーチ」は記憶に新しいところです。
 現在でも精力的に活動している彼女。日本でも根強いファンが多く、ファンサイトも数多くあるようです。
 ところで、私は以前「Conga」を歌うことに挑戦したことがありますが・・あまりに早いラテンのリズムについていけず見事玉砕されましたあせあせ(飛び散る汗)無謀だとわかってはいたのですけどね〜たらーっ(汗)

  

ブログランキング
posted by ろ妃江 at 11:14| Comment(6) | TrackBack(4) | Music>G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。